オクテット・プレイズ・トレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Octet Plays Trane
デヴィッド・マレイスタジオ・アルバム
リリース 2000年
録音 1999年4月30日 - 5月1日
ジャンル ジャズ
時間 69分23秒
レーベル ジャスティン・タイム・レコード
プロデュース デヴィッド・マレイ
専門評論家によるレビュー
David Murray 年表
Speaking in Tongues
(1999)
Octet Plays Trane
(2000)
Like a Kiss that Never Ends
(2001)
テンプレートを表示

オクテット・プレイズ・トレーン』(Octet Plays Trane、八重奏団によるコルトレーン曲の演奏)は、デヴィッド・マレイ八重奏団のアルバム。1999年に録音され、2000年にジャスティン・タイム・レーベルから発売された。そのメンバーは、デヴィッド・マレイ、ラスール・シディックヒュー・ラギンクレイグ・ハリスジェイムズ・スポールディングラヴィ・ベストディー・ディー・ジャクソンマーク・ジョンソンジャリブ・シャヒードらである。演奏曲の中に、ジョン・コルトレーンの曲の「マレイ版」が含まれている。また、このアルバムはボブ・シールに捧げられたものである。[1]

評価[編集]

オールミュージックアル・キャンベルのレヴューでは星4.5が与えられ、「それまで聞いてきた音楽は、15分におよぶ至上の愛:パート1:感謝、に至ってくつろぎ落ち着いたものになる。マレイは、ここで、彼がジョン・コルトレーンの音楽を研究しただけでなく、彼という存在を楽器を通して表現することにこだわりを持っているのだということを表現しているのだ。」と述べている。[2]

曲目[編集]

  1. "Giant Steps" - 14:02
  2. "Naima" - 7:34
  3. "The Crossing" (Murray) - 10:33
  4. "India" - 8:48
  5. "Lazy Bird" - 13:06
  6. "A Love Supreme, Part 1: Acknowledgement" - 15:20
特に表記がない限り、すべてジョン・コルトレーンによる作曲
  • 1999年4月30日から5月1日かけて録音

パーソネル[編集]

[編集]

  1. ^ Justin Time catalogue accessed November 28, 2008
  2. ^ Campbell, A. Allmusic Review accessed Semptember 7, 2011