オオニシキソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオニシキソウ
Euphorbia nutans
Euphorbia nutans
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: キントラノオ目 Malpighiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
: トウダイグサ属 Euphorbia
: オオニシキソウ E. nutans
学名
Euphorbia nutans
(Lag.)
シノニム
英名
eyebanenodding spurge

オオニシキソウ(大錦草、学名: Euphorbia nutans)は、トウダイグサ科トウダイグサ属植物の一種。種小名nutansラテン語で「会釈する、うなずく」の意。以前は近縁種と共にニシキソウ属 (Chamaesyce) に分類されることもあったが、最近のDNA配列研究によってトウダイグサ属に移された[1][2][3]。ニシキソウ亜属 (Chamaesyce) に分類されることもある[1][2][3]

形態・生態[編集]

一年草であり、に沿った楕円形のの対を持ち、真っ直ぐ成長する。葉は最長3.5センチメートルで、で覆われているか無毛であり、細かい鋸歯状である。花序は単生あるいは群生である。それぞれの花序は杯状花序  (cyathium であり、実際の花の周りを平らな白あるいは赤の付属体が伴う。並んだ付属体の中心には、一つの雌花を囲んで複数の雄花がある。雌花は果実(幅約2ミリメートルの鞘)へと成長する。

分布・生育地[編集]

アメリカ合衆国東部および南米の一部が原産である。原産地の一部や帰化した地域では雑草として知られている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Victor W. Steinmann & J. Mark Porter (2002). “Phylogenetic relationships in Euphorbieae (Euphorbiaceae) based on ITS and ndhF sequence data”. Annals of the Missouri Botanical Garden 89 (4): 453–490. JSTOR 3298591. 
  2. ^ a b Victor W. Steinmann (2003). “The submersion of Pedilanthus into Euphorbia (Euphorbiaceae)” (PDF). Acta Botanica Mexicana 65: 45–50. http://www.ecologia.edu.mx/publicaciones/resumeness/ABM/ABM.65.2003/acta65(45–50).pdf. 
  3. ^ a b Peter V. Bruyns, Ruvimbo J. Mapaya & Terrence J. Hedderson (2006). “A new subgeneric classification for Euphorbia (Euphorbiaceae) in southern Africa based on ITS and psbA-trnH sequence data”. Taxon 55 (2): 397–420. http://www.ingentaconnect.com/content/iapt/tax/2006/00000055/00000002/art00013. 
  4. ^ USDA Plants Profile

関連項目[編集]

外部リンク[編集]