エンペラーテトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンペラーテトラ
Emperor tetra.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カラシン目 Characiformes
: カラシン科 Characidae
: ネマトブリコン属 Nematobrycon
: エンペラーテトラ
N.palmeri
学名
Nematobrycon palmeri
Eigenmann, 1911
英名
Emperor tetra

エンペラーテトラ(学名:Nematobrycon palmeri)は、コロンビアに生息するカラシン目ネマトブリコン属に属する小型カラシン

ネマトブリコン属の魚としては他にレインボーテトラがいる。

特徴[編集]

体長4~5cm程。茶色の体に黒い太いラインが入り、褐色で縁取られた黄色がかったヒレを持つ。状態が良いと紫色を帯びている。雄の尾びれはフォーク状に上端、下端、中央が伸長する。 ある程度の協調性を持つが縄張り意識が強く、特に発情した雄は攻撃性が強くなる。高温や水質悪化に弱いため、水温を22~25℃程度に保った清浄な水を必要とする。

全身が黒い色彩となるブラックエンペラーテトラという改良品種が知られる。

関連項目[編集]