エルネスト・ソルベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ernest Solvay (c1900)

エルネスト・ソルベーErnest Solvay, 1838年4月16日1922年5月26日)はベルギー化学者実業家慈善家である。

彼は病気のため大学に行くことができず、21歳の時、叔父の化学工場で働き始めた。1861年に無水炭酸ナトリウムの製造法を開発し、これはソルベー法と呼ばれた。

1863年に最初の工場としてソルベーを設立し、1872年までに製造法を完成させ、特許を取得した。ソルベー法の工場はイギリスアメリカ合衆国ドイツオーストリアに建設された。今日でも世界中で約70の工場が稼動中である。

この特許は彼に莫大な利益をもたらした。彼はそれを慈善事業のために使い、ブリュッセル大学に物理と化学の国際的な研究所をはじめとして、社会学の研究所も設立した。1903年にはブリュッセル大学の一部として、『ソルベービジネススクール』を設立した。

彼はベルギーの上院議員を2回務め、晩年には国務大臣にもなった。

1922年、ベルギーのイクセルで死亡した。

関連項目[編集]