エリザベタ・サマラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベタ・サマラ
選手情報
生年月日 1989年4月15日(25歳)
最高世界ランク 26位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット サムソノフコンタクト
フォア面ラバー サイナス
バック面ラバー サイナス・アルファ
テンプレートを表示


エリザベタ・サマラ(Elizabeta Samara 1989年4月15日- )はルーマニア出身の卓球選手。

2003年のヨーロッパユース卓球選手権カデットの部シングルスで優勝、翌2004年も連続優勝を果たした。2005年には同大会のシングルスで準優勝、ダブルスで優勝すると共にITTF世界ジュニアサーキットファイナルで優勝、2006年にヨーロッパユース選手権、シングルス、ダブルス、混合ダブルスで優勝、世界ジュニアサーキットファイナルで準優勝を果たした。

世界卓球選手権には2007年のザグレブ大会より出場している。

ヨーロッパ卓球選手権では2005年に団体優勝、2009年にダニエラ・ドデアンとのダブルスで優勝、ヨーロッパトップ12でも2009年、2010年と5位になっている。

2008年の北京オリンピックのシングルス、団体にそれぞれ出場した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2010年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]