エセン・ブカ (モグーリスタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エセン・ブカ(? - 1461年もしくは1462年)は、東チャガタイ・ハン国モグーリスタン・ハン国)のハン(在位:1432年 - 1462年)。ワイスの子。

生涯[編集]

ワイスが没した後、モグーリスタン・ハン国は混乱した状態にあり、ワイスの遺子であるエセン・ブカとその兄のユーヌスはどちらも成人しておらず、いずれを支持するかで国内は二分された[1]。この時優勢だったのはエセン・ブカであり、ユーヌスは自分が不利な立場にあることを知るとティムール朝ウルグ・ベクの元に亡命した。このユーヌスの出奔によって、 エセン・ブカが唯一のハンとなる。統治期間のうち、最初の数年は順調だった。貴族(アミール)たちは皆忠誠を誓っており、1435年にワイスの死後にティムール朝に占領されたカシュガルの奪還に成功する。しかし、アミールたちは次第に若いエセン・ブカの権力が微弱と見做すようになり、ハン国は統制が取れない状態に戻り始めた[1]。アミールたちの信頼をいくらか回復した後アクスに移り、ハン国の有力者であるドグラト部のサイード・アリーと姻戚関係を築くため、娘のダウラト・ニガル・ハニムとサイード・アリーの子との婚姻を成立させた。

国内の統制を回復させた直後、エセン・ブカはマー・ワラー・アンナフルをティムール朝から奪還せんと試みた。1451年からタシュケントを2回にわたって攻撃、アンディジャンの包囲では一時的にアンディジャンの回復に成功した。アブー・サイードがマー・ワラー・アンナフルからモグーリスタン軍を駆逐するため兵力を結集すると進攻を注視し、エセン・ブカの軍はモグーリスタン国内まで追撃されることなく撤退した。度重なる侵入に業を煮やしたアブー・サイードは、イラクに留め置いていたユーヌスに軍隊をつけてモグーリスタンに送り返した。ユーヌスはモグーリスタンのアミールの中に支持者を作り、カシュガルのドグラト部に接近した。エセン・ブカは彼を捕らえて軍勢を破り、再びティムール朝に追放した。だが、それから間もなくユーヌスはモグーリスタンに戻って支持者を集め、エセン・ブカはユーヌスに対して決定的な勝利を収められなかった。

1461年(もしくは1462年)にエセン・ブカは没し、彼の死によってモグーリスタンは再び分裂した。西部にユーヌス、東部にはエセン・ブカの子ドースト・ムハンマドが割拠しており、ドースト・ムハンマドの死までモグーリスタンの分裂は続いた。

カザフの流入[編集]

エセン・ブカはジャニベク・ハーンケレイの2人に率いられてウズベクのアブル=ハイル・ハンから離反したカザフを受け入れた人物としても知られる[2]カザフ・ハン国が成立した後も両者の友好は保たれ、エセン・ブカの死後数10年の間、モグーリスタン・ハン国とカザフ・ハン国は同盟関係にあった。

脚注[編集]

  1. ^ a b S.G.クシャルトゥルヌイ、T.I.スミルノフ「カザフスタン中世史」『アイハヌム2003』、82頁
  2. ^ S.G.クシャルトゥルヌイ、T.I.スミルノフ「カザフスタン中世史」『アイハヌム2003』、86頁

参考文献[編集]

  • S.G.クシャルトゥルヌイ、T.I.スミルノフ「カザフスタン中世史」『アイハヌム2003』(加藤九祚訳, 東海大学出版会, 2003年
  • 小松久男・梅村坦・宇山智彦・帯谷知可・堀川徹編『中央ユーラシアを知る事典』(平凡社, 2005年4月)、556-557頁収録の系図

関連文献[編集]

  • 以下の書籍にモグーリスタン・ハン国の君主の系図が収録されている。
    • 小松久男編『中央ユーラシア史』(新版 世界各国史4)山川出版社、2000年


先代:
ワイス
チャガタイ・ハン国のハン
1432年 - 1462年
次代:
ドースト・ムハンマド