テュルキスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Turkestan
Түркістан
ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟
ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟
座標 : 北緯43度17分 東経68度16分 / 北緯43.283度 東経68.267度 / 43.283; 68.267
人口
人口 (1999年現在)
  市域 85,600人

テュルキスタンTürkistan) (カザフ語ではТүркістан)は、カザフスタン共和国南部の都市。 シルダリヤ川に近く、かつては康居の都があった。トランス・アラル鉄道が通り、タラズの160km北に位置している。シムケントからは車で約2時間。かつての市名はヤシ(Yasi)。

歴史[編集]

テュルキスタンの名は「トルキスタン(テュルクの地)の聖なる者」の意味で、高名なスーフィズムシャイフであったホージャ・アフマド・ヤサヴィー(Khoja Akhmet Yassawi)が、1166年にこの地で没し葬られたのに因んでいる。彼によりこの地はカザフステップ地帯の学問の中心となった。1389年ティムールがヤサウィーの壮麗なマザール(廟)を建立。中央アジア最大のドームで、ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟2003年世界遺産に登録された。かつての市名ヤシも彼の名に因んでいる。

中央アジアでは、三度のテュルキスタンへの巡礼は一度のメッカへのハッジに匹敵すると広く信じられており、今日でも毎年数万の巡礼者が訪れる。カザフスタンでは、「テュルキスタンは東の第二のメッカ」とされる所以である。

テュルキスタンは、常にペルシアイスラム文化圏のトランスオクシアナオアシスと、テュルクモンゴル文化圏のステップの遊牧民が、混ざり合う境界線であった。

1862年ロシアはこの地をコーカンド・ハン国から奪うと、トルキスタン総督府シルダリヤ州に編入、ロシア革命期にはトルキスタン自治ソビエト社会主義共和国の一部となるが、1924年カザフ・ソビエト社会主義共和国の一部となった。

現在のテュルキスタンは人口の半数がウズベク人である。