エクノモス岬の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクノモス岬の戦い
戦争第一次ポエニ戦争
年月日紀元前256年
場所シチリア南東部エクノモス岬沖
結果:共和政ローマの圧勝
交戦勢力
共和政ローマ カルタゴ
指揮官
ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングス
マルクス・アティリウス・レグルス
ハミルカル
大ハンノ
戦力
330隻
(140,000人以上)
350隻
(150,000人以上)[1]

エクノモス岬の戦い(エクノモスみさきのたたかい、英:Battle of Cape Ecnomus)は紀元前256年シチリアのエクノモス岬周辺海域(今日のリカータ近海)にて、共和政ローマカルタゴとの間で行われた、第一次ポエニ戦争での海戦である。両軍それぞれ300隻を超える船団が参加し、各船には約100人の漕手と約150人の戦闘要員が乗船していた。動員人数で、古代地中海世界において最大規模の海戦である。

戦いの背景[編集]

紀元前261年、ローマはシチリア南西に位置するカルタゴの拠点、アグリジェントの攻略に成功する。さらにローマは、カルタゴのもつ地中海での制海権を奪取するために、船団を新設した。しかしながら、ポエニ戦争開始時のローマには、船団どころか本格的な海戦の経験すらない状況であった。一方のカルタゴは、何世紀も海上貿易で富を築いた交易国家であり、海戦の経験も、軍船の数も、ローマに対して圧倒的に有利な状況にあった。その海戦の不利をくつがえすために、ローマは新たに進水した軍船に、特殊な乗船器具カラス装置を装備させていた。このカラス装置で敵船を捉えることにより、乗船隊として軍団を敵船に乗り込ませることを可能にした。これにより、ローマは苦手な海戦を陸戦化させることに成功し、ミレなどの海戦でも勝利を重ね、ついにはカルタゴ本国の北アフリカ(現チュニジア)の侵攻も視野に入る状況となった。

しかし北アフリカへの海外遠征を実行するためには、大規模な軍勢と物資を運ぶための輸送船団も同時に必要となる。その補給線を断つために、カルタゴもシチリア海岸一帯のパトロールを行っていた。そこでローマは、輸送船団が安全に地中海を横断し北アフリカに到着できるよう、護衛船団として200隻を超える大型ガレー船を進水させた。そして紀元前256年、2人の執政官ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングスマルクス・アティリウス・レグルスen)は、北アフリカ侵攻のためこの大船団を出発させた。

対するカルタゴも、このローマ船団を北アフリカ上陸前に叩くべく同規模の船団を動員した。カルタゴ船団はハミルカル(en[2]大ハンノが指揮した。

戦い[編集]

CapeEcnomus.png

ローマ船団は、輸送船団とそれを守る形で3つの戦隊で構成された陣形をとりながら、シチリアの南海岸に沿って航行していた(図参照)。主力の第1戦隊と第2戦隊は、前方くさび状に隊列し、それぞれの戦隊を執政官のウルソ・ロングスとレグルス・アンティリウスが指揮していた。その後方に輸送船団が続き、さらに第3戦隊が後方からの攻撃に備えていた。

対するカルタゴ側の船団は横一線弓状に並んだ陣形をとり、司令官のハミルカはその中央で指揮し、大ハンノは右翼を担当していた。カルタゴ側が戦いの場として想定していた、シチリアの南海岸にあるエクノモス岬で両船団は遭遇した。

両船団が遭遇したと同時に、前方のローマの主力2戦隊が、カルタゴの隊列中央へと突進していった。対してカルタゴの司令官ハミルカルは、第一攻撃目標であったローマの輸送船と主力2戦隊とを引き離すために、わざと後退を始めた。そして横一線弓状に長く展開していたカルタゴ船団の両翼は、ローマ船団の後方に回り込み、左翼が輸送船団に、大ハンノが指揮する右翼が第3戦隊に攻撃を開始した。カルタゴの攻撃は、カラス装置が機能しないよう側面から行われた。この後方の戦況はカルタゴ優位に進み、輸送船団は次第にシチリアの海岸側へと押し込まれていった。

しかし肝心のカルタゴの中央が、ローマ主力の激しい攻撃に耐え切れず敗走し、海戦域から離脱していった。ローマ主力2戦隊はそれを追撃せず、反転して後方の戦況に参加した。執政官ウルソ・ロングス指揮の第1戦隊が、輸送船団を攻撃していたカルタゴの戦隊を左側面から攻撃し、執政官アンティリウス・レグルスが指揮する第2戦隊が、第3戦隊と共に大ハンノが指揮する戦隊に対して攻撃を開始した。

ローマの主力2戦隊が後方の戦いに加わったことにより、残りのカルタゴ船団は包囲され壊滅した。この戦いにより、ローマはカルタゴの軍船の約半分を拿捕あるいは沈没させた。

戦いの後[編集]

この海戦後、ローマ軍は兵士の休息や修理の期間をとるために、いったんシチリアに上陸した。その休息の間に、ローマ軍は拿捕したカルタゴの軍船の船首を、市民への海戦勝利を報告のためにローマ本国へ送った。ミレ海戦の際に始められた儀式に従い、カルタゴの船首はフォロ・ロマーノに掲げられた。2人の執政官のうちウルソ・ロングスは、1年の任期が切れるためにいったん帰還し、本国で凱旋式を行った。準備を整えたローマ軍はもう1人の執政官アンティリウス・レグルスに指揮され、その年のうちに北アフリカへ再出発した。この後の第一次ポエニ戦争の舞台は、カルタゴ本国の北アフリカに移る。

脚注[編集]

  1. ^ Polybius,1:25-26
  2. ^ ハンニバルの父であるハミルカル・バルカとは別人。

参考文献[編集]

  • Polybius, I.25-29
  • Adrian Goldsworthy, The Fall of Carthage (Cassel)
  • W. L. Rodgers, Greek and Roman Naval Warfare (Naval Institute Press, 1937) pp. 278-291

外部リンク[編集]