エギロプス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エギロプス属
Aegilops-speltoides-heads.jpg
クサビコムギ Aegilops speltoides
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
: イネ目 Poales
階級なし : ツユクサ類 Commelinids
: イネ科 Poaceae
: エギロプス属 Aegilops L.
英名
goatgrasses

約27種。本文参照。

エギロプス属(エギロプスぞく、AegilopsÆgilops)は、イネ科に分類される植物である[1]タルホコムギ属あるいはヤギムギ属とも呼ばれる[2]。およそ23の種と数多くの亜種が本属に分類されている。この属の様々な種は農業雑草英語版に分類されている。冬を通じて生長し、フユコムギと似ている。様々な種類のコムギと交雑できるため、コムギ属 (Triticum) に分類されることもある。

タルホコムギ (Aegilops tauschii Coss.; syn. Aegilops squarrosa auct. non L.) はDゲノムを持つパンコムギTriticum aestivum、ゲノムAABBDD)の祖先種としてコムギの遺伝学英語版において重要である。

Aegilopsという単語は8文字全てがアルファベット順に並んでいる。学名Aegilopesは古代ギリシャ語で芒のある草の一種を意味するαἰγίλωψ (aigilops) 由来のラテン語aegilopsから来ている。

エギロプス属に分類される種の一部:

脚注[編集]

  1. ^ Watson L, Dallwitz MJ. (2008年). “The grass genera of the world: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval; including synonyms, morphology, anatomy, physiology, phytochemistry, cytology, classification, pathogens, world and local distribution, and references”. The Grass Genera of the World. 2009年8月19日閲覧。
  2. ^ イネ科の属対比”. 日本の野生植物検索表サイト (2010年1月26日). 2012年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]