イヴァン・テヴォシアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イヴァン・フョドロヴィッチ・テヴォシアンロシア語: Иван Фёдорович Тевосян[1], 1902年 - 1958年)は、アルメニア出身のソ連外交官

経歴[編集]

1902年ロシア帝国アルメニアシュシャShusha)で生まれる。

1943年社会主義労働英雄を授与される。

1956年日ソ共同宣言による国交回復後初の駐日ソビエト特命全権大使として着任。1958年まで在職し、同年にモスクワで死没。

脚注[編集]

  1. ^ ラテン文字転写例: Ivan Fyodorovich Tevosian

外部リンク[編集]

外交職
先代:
ヤコフ・マリク
ソビエト連邦の旗 駐日ソビエト連邦大使
第8代:1956 - 1958
次代:
ニコライ・フェドレンコ