インディア・ペールエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラーズIPAのボトル

インディア・ペールエール (英語: India Pale Ale; IPAとも) は、中程度かそれよりもやや高いアルコール度数をもつエール[1]。液色はのような明るい琥珀色[1]ホップの風味が強くて苦味がある[1]。しばしば、麦芽のフレーバーを伴う[1]。IPAは通常 ペールエールのカテゴリーに入れられる。21世紀初頭では、アメリカのクラフトビール醸造所では一般的に醸造されているスタイルである。

歴史[編集]

初期[編集]

IPAは、17世紀にあった初期のペールエールが起源である。元来、「ペールエール」という言葉は淡色麦芽英語版から醸造されたエールを意味していた[2]。18世紀初頭のペールエールはホップの風味が軽いビールであり、後の「ペールエール」とは非常に異なっていた[3]18世紀半ばまで、ペールエールは、コークスで煎られたモルトで製造されていた。麦芽製造過程で大麦があまり燻製されたり焙煎されたりしないために淡色のビールができたのである。[4]ホップの苦み豊かな淡色のオクトーバービールはそのようなビールの一種で、国内で自ら醸造を行う地主階級のあいだで人気だった。これは醸造されたら2年間セラーで貯蔵するように作られていた。[5]

最も早い時期からインドにビールを輸出していたことが知られている醸造者の一人は、ミドルセックスとエセックスの境界地域にあるボウ醸造所のジョージ・ホジソンだった。ボウ醸造所のビールは、18世紀の終盤、醸造所の立地と18ヶ月という寛大な支払い猶予期間のおかげで人気を得た。東インド商人たちは、いくつものホジソンのビールをインドに輸送した。オクトーバービールもその一つだった。オクトーバービールは、航行の条件がプラスに作用する例外的なビールで、インドの消費者のあいだでも好評だった。[6]19世紀初め、ボウ醸造所はホジソンの息子達が経営者となったが、彼らの仕事のやり方は客離れを引き起こした。同じ頃、バートンのいくつもの醸造所がビールに対する新しい関税のためにロシア市場を失い、新たなビール輸出市場を探しているところだった。東インド会社の強い要請のもと、オールソップ醸造所は、ホジソンのインド輸出用ビールのスタイルのホップの苦み豊かなペールエールを開発した。[7]バスやソルトなど、バートンの他の醸造者も失われたロシア市場の代わりを強く求めており、素早くオールソップに追随した。おそらく醸造でバートンの水を使っていることが利点となって、[8]バートンIPAは商人たちとインドの顧客に好まれた。

1840年頃、イギリスでは「インディア・ペールエール」として知られるようになった輸出用のペールエールに対する需要が増し、インディア・ペールエールはイギリスで人気商品となった。[9]19世紀終盤、「インディア」と冠さなくなった醸造所もあったが、これらの「ペールエール」がそれ以前のIPAの特徴を保持していたことを示唆する記録が残っている。[10]アメリカ、オーストラリア、カナダの醸造者はIPAと称するビールを1900年以前に製造したが、これらのビールが当時のイギリスのIPAと類似していたことを示唆する記録がある。[11]

ホジソンのオクトーバービール様式は明らかにバートンの醸造者達のインディア・ペールエールに影響を及ぼした。ホジソンのビールは、当時醸造されていたほとんどのビールよりもわずかにアルコール度数が高いだけであり、強いエールとは見なされていなかっただろう。しかし、きちんと発酵された麦汁の割合が高いため、糖分がほとんど残っておらず、ホップの苦みが豊かだった。[12]しかし、IPAは当時のビールよりずっと強かったという通説は神話でしかない。[13]さらに、その頃インドに輸送されたポータービールも航行に耐えられたので、「ホジソンは航行に耐えるようにビールを考案したのであり、他のビールは長旅に耐えることができなかった」という通説もおそらく間違いである。[14]明らかにインディア・ペールエールは1860年頃までにはイングランドで広く醸造されており、ポーターや他の多くのエールよりも発酵度が高く、ホップを多く加えられたビールとなっていた。[15]

近年[編集]

イギリス[編集]

イギリスではIPAという名前はアルコール度数の弱いビールに良く使われる。例えば、Greene King IPAやCharles Well IPAなどである。アルコール度数4%以下のIPAは、イギリスでは、少なくとも1920年代から醸造されている。[16]度数の強いアメリカ風のIPAを醸造する醸造所もある。例えば、Meantime Brewery IPA, Dark Star APAやFreeminer Tragalgar IPAなどである。

2002年には、カレドニア醸造所(Cladonian Brewery)のDeuchars IPAがロンドンで開かれた英国ビールフェスティバル(GBBA)でCAMRA Spreme Champion Beerの称号を得た。同年、ホプデモン醸造所(Hopdaemon Brewery)のSkrimshander IPAがケントビールフェスティバルで優勝した。Skrimshanderは、ケントのファッグルとゴールディングで醸造されている。

ワールドワイド[編集]

カナダで人気が高いのは、1820年にハリファックスに設立されたアレキサンダー・キース英語版のIPAである。しかし、これは本当のIPAというよりは現代風に飲みやすくアレンジされたものだ、と言うビア・ジャッジもいる。ハリファックスのPropeller Brewery、Garrison Brewing、Rogue's Roost、Granite Breweryといった小規模な醸造所はもっと伝統的な風味のIPAを生産している。

ニュージランドではオークランド北西のリバーヘッドのHallertau Brewbar and Resturant、ワイララパ地方英語版のPeak Brewery等がIPAを生産している。

イスラエルではDancing CamelがIPAを生産している。

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国で、バラタイン IPA がバラタイン馬屋について大きい区別と部分のビールであった大いにホップの苦味をつけられて、そして長い間熟成させられたオリジナル(先にビンに詰めている木質の中の一年以上)は20世紀の早い役割から醸造する。それが1980年代にそのオリジナルのフォーミュラに醸造されるのをやめて、そして90年代半ばからまったく醸造されなかったにもかかわらず、それは今有名な状況を楽しむ。私は一度もこの符号解説(フィラデルフィアエリア)を聞いたことがない
∥アメリカ合衆国の中で∥、∥他の IPA が、東海岸が醸造した、そしてバラタイン IPA がそうであったけれども同じぐらい大いにホップの苦味をつけたよりずっと苦いホップ特有の苦味・芳香のある特性を目指す「西海岸 IPA 」と呼ばれる IPA のはっきりしたタイプがある∥(∥そして中に∥ケースが、いっそう大いにホップの苦味をつけたいくらか∥)∥同じぐらい多くのいわゆる「西海岸」 IPA ∥。西海岸 IPA でのホップは木質と対照した場合の柑橘類、グレープフルーツあるいはコエンドロ味、を持つ傾向がある、そして若干の IPA の松アクセントが合衆国の東海岸の上に起きた。
そこ(に・で)1980年代初期から本当のクラフトビール醸造、「レアル」 IPA (広げる解釈に開かれた期間)が(今まで)目標であった;実際、かつて比較的まれなスタイルが非常にありふれたところに運動であった。少なくとも部分的にバラタイン IPA の有名な状況のためにアメリカのビール醸造で、スタイルは多数の地ビールメーカーによって近年試みられた。伝統への現在の試みの多数の間にはコースタルエクストリームビール醸造によるハリケーン IPA がある。
アメリカ合衆国で、IPA は次第に時々アメリカのインディア・ペールエール(少数の例がアンカービール醸造のリバティーエールである、ラグニタスビール醸造の IPA、ヴィクトリー・ビール醸造社英語版の HopDevil エール、アンダーソン Valley ビール醸造社による Ottin IPA 、ブルーポイントビール醸造社によるホップティカル・イリュージョン、ベルビール醸造所英語版ストーン・ビール醸造社英語版ドイツ語版のストーン IPA によって2つのハーテッドエールにホップの苦味をつける)と呼ばれる別の変異に発展した、そしてロシアアン・リバーのブラインド·ピッグ IPA である。若干数が伝統的な配合表に作られるけれども、多くのアメリカの IPA がカスケード英語版オランダ語版スウェーデン語版、チヌーク、センテニアルとコロンブスのような柑橘類から精製するアメリカのホップ多様性で醸造される。例えば、ロストコーストのINDICA IPA に、コロンブス 、カスケード、ウィラミットとチヌークホップなどが使われる。
少数のアメリカの醸造者が100よりはるかに多くの IBUs へのビールと20%以上のアルコール度数までのアルコール系溶剤レベルの苦味を集中させるために同じくスタイルを変えた。∥例∥、若干数が(彼・それ)らがどちらかと言えば完全に別個のスタイル以外のすべてにおいて IPA ではないと論ずるけれども、この「極点」は一般にダブルあるいはインペリアル判 IPA であると述べられる∥。

ダブル・インディア・ペールエール[編集]

ダブル・インディア・ペールエール (ダブルIPA、DIPA、WIPA) は、ホップ由来のとても強い苦味があるビールのスタイル。インペリアルIPA (IIPA) とも呼ばれている。時にはスタウトよりも更に強いロシアン・インペリアル・スタウトに比肩するほどの麦芽やホップの風味を持つ。アルコール度数は7%を超え、そのIBUは60を超えるほどの高い値を示す。Such "style" labels can seem arbitrary however, since the aforementioned Ballantine IPA in its original formulation was certainly well above these benchmarks.

サンディエゴ、CA、の近くに、最もありそうなスタイルが始まったときから、名前がサンディエゴペールエールであるべきであると信じる若干の醸造者がある ー 特にダブル IPA がテメキュラ、CA、の失敗したもぐりの酒場醸造の会社のヴィニー Cilurzo によって1994年に醸造した。彼の実つぶしの樽に50%あまりに多くのモルトを加えることによって、Cilurzo は彼が「偶然に」スタイルを作ったと主張する。さらに多くが跳躍する100%を加えることによって、彼はそれからこのミスを「修正した」。この計量(さらに多くがモルトにする50%、さらに多くが跳躍する100%)はスタイルの後ろに基本的な指標基準である。
エールが北カリフォルニアでラグニタスのマクシマス IPA のように、サンディエゴエリアの中の他の人たちがエールスミス、バラストポイント醸造の会社とポート醸造の会社などをストーン・ビール醸造会社、オッジのビール醸造所、アルプスのビールの会社、をインクルードしているダブル IPA スタイルのところに持って行ったと比べて同じぐらいよく入った。しかしながら、他の人たちがこのスタイルの作成をはぐれ象エール、ニューポート、オレゴン、での地ビール醸造所と1990年に醸造されたその I2PA ビールに帰する。
もっと強いダブル IPA の多くが代わる代わるアメリカの大麦ワインあるいは3重の IPA として分類されることができた。比較的若いスタイルとして、それはまだ決定されている。それはホップ穂の間で地ビール産業とお気に入りでの最も成長が早いスタイルの1つである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Foster 1999, Chapter 2.
  2. ^ Anonymous (1736). London and Country Brewer. pp. 38-43. 
  3. ^ Anonymous (1736). London and Country Brewer. p. 73. 
  4. ^ (Foster 1999, p. 13) and (Daniels 1996, p. 154)
  5. ^ Cornell 2008, pp. 97-98.
  6. ^ Cornell 2008, p. 98.
  7. ^ Foster 1999, p. 26; Cornell 2008, p. 102
  8. ^ バートンの水は高濃度の硫酸塩を含んでおり、それがビールの苦みを強調した。Daniels 1996, Foster 1999 and (Cornell 2008) を参照せよ。
  9. ^ Daniels 1996, p. 155; Cornell 2008, p. 104
  10. ^ Foster 1999, p. 65.
  11. ^ Daniels 1996, p. 157-58; Cornell 2008, p. 112
  12. ^ ホップの割合については(Foster 1999, pp. 17-21)を参照;発酵の度合いについては (Daniels 1996, p. 154)を参照.
  13. ^ Foster 1999, p. 21.
  14. ^ Myth 4: George Hodgson invented IPA to survive the long trip to India
  15. ^ Daniels 1996, p. 156.
  16. ^ Brewing records. London Metropolitan Archives: Whitbread and Barclay Perkins.

参考文献[編集]

  • Cornell, Martyn (2008). Amber, Black and Gold. Zythography Press. OCLC 264030463. 
  • Daniels, Ray (1996). Designing Great Beer. Brewers Publications. ISBN 0937381500. OCLC 35172582. 
  • Foster, Terry (1999). Pale Ale. Classic beer style series, 16 (Second Edition ed.). Brewers Publications. ISBN 0937381691. OCLC 40268461.