イベリン家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イベリン家の紋章

イベリン家(Ibelin)は、中世エルサレム王国領内のイベリン城から名前を取った貴族で、十字軍時代のエルサレム王国、キプロス王国において重臣として活躍した。

初代のバリサン(不明 - 1150年)の出自は明らかでは無いが、その名前からイタリア系の下級貴族で第1回十字軍か、その後に聖地に行ったと考えられ、1110年代にヤッファ伯の臣下としてヤッファの警備隊長になっている。1122年にラミュラの女相続人と結婚し、同地の領主となった。ヤッファ伯ユーグの反乱の際にはこれに従わず、1141年にエルサレム王フールクから褒美としてイベリン城を与えられており、これが後に家名となった。

バリサンの息子がユーグ(1130年頃 -1169年)、ボードゥアン(1130年中頃 - 1187年頃)、バリアン(1140年頃 - 1193年)で、ユーグはボードゥアン4世の母アニエス(アモーリ王の最初の妻)と結婚し、バリアンはマリア・コムネノス(アモーリ王の2番目の妻)と結婚するなど勢力を拡大している。また、ボードゥアンは王女シビーユ(アニエスの娘)との婚姻話があったが、宮廷の派閥争いの影響で取り消され、シビーユはギー・ド・リュジニャンと結婚することになる。

1187年のエルサレム落城の際には、バリアンが指導者として籠城、開城の指揮を取った。エルサレム王国がアッコンに移動後も、バリアンは継子のイザベル1世を女王に立てて、実力者として君臨し、その子孫はアッコン、キプロスで繁栄した。

キプロス王国においては、代々王族と婚姻を結ぶなど主要な貴族として支配層を形成したが、1464年にキプロス王国がヴェネツィア共和国に奪われると没落し、その後は歴史から姿を消した。

  • 映画「キングダム・オブ・ヘブン」(Kingdom of Heaven、2005年)の主人公はバリアン・ド(オブ)・イベリンで上記のバリアンの名前を借りているが、エルサレム籠城の件以外はほとんどがフィクションである。