イド・アル=フィトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伝統的なトルコの祭りに"Love and Be Loved"という意味のmahyaの光が イスタンブルにある スルタンアフメト・モスクミナレットを横切って伸びる
マレーシアのイド・アル・フィトルにおける食事

イド・アル=フィトルアラビア語: عيد الفطر‘Īdu l-Fiṭr, 英語:Eid ul-Fitr または Id-ul-Fitr)は、イスラム教祝日で、ラマダーンの終了を祝うもの。イード・アル=フィトルと表記されることもある。また、単にイドと略されることもある。

イドはアラビア語で祝宴を意味し、フィトルは断食の終わりを意味する(自然という意味のフィトラが入っているという解釈もできる)。そのため、この行事は断食の終わりの象徴として行われており、ヒジュラ暦の第10月であるシャウワール(Shawwal)の初めに行われる。"Greater Eid"(アラビア語: العيد الكبيرal-‘īdu l-kabīr)と呼ばれるイード・アル=アドハーが4日間宴を行うのに対し、この行事は3日間宴を行うので "Smaller Eid"(アラビア語: العيد الصغيرal-‘īdu ṣ-ṣaghīr)とも呼ばれている。

イスラム教徒はラマダーンの最後の日まで断食を続け、イドの間はタクビール(Takbir)を暗唱するとクルアーンに記されている[1]

日本でいうところのハレの日に近いものであり、この日は多くの人々が新調したばかりの衣装を着て街に繰り出す[2]

脚注[編集]

  1. ^ Mohammed Habib Shakir訳クルアーン2:185より
  2. ^ “中東民族衣装で支持される日本製繊維 他国製品を圧倒する人気”. サンケイビズ. (2013年12月23日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/131223/bsc1312230731007-n1.htm 2013年12月23日閲覧。 

関連項目[編集]