イテウォン殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イテウォン殺人事件
이태원 살인사건
(梨泰院殺人事件)
監督 ホン・ギソン
脚本 イ・ソン
出演者 チョン・ジニョン
チャン・グンソク
シン・スンファン
音楽 シン・ドンイル
撮影 オ・ジョンオク
公開 韓国の旗 2009年9月9日
日本の旗 2010年9月8日
上映時間 99分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 韓国語
製作費 15億ウォン
テンプレートを表示
イテウォン殺人事件
各種表記
ハングル 이태원 살인사건
漢字
発音 イテウォン サリンサッコン
題: The Case of Itaewon Homicide
テンプレートを表示

イテウォン殺人事件』(イテウォンさつじんじけん、原題:이태원 살인사건<梨泰院殺人事件>)は2009年の韓国映画。 英題は『The Case of Itaewon Homicide』。

ホン・ギソン監督の作品。韓国での観客動員は50万人。

概要[編集]

1997年4月3日、梨泰院(イテウォン)のハンバーガーショップで実際に起った殺人事件を、事件に関係した人物たちの証言[1]と資料調査、検証を行って映画化した。人物、構成、描写は架空。

あらすじ[編集]

男子大学生がハンバーガー店のトイレで、首を7回、胸を2回刺されて死亡する。

容疑者は、CID(アメリカ陸軍犯罪捜査司令部) が身柄を確保したピアソンと、父親に付き添われて出頭したアレックス。検察の取り調べに対して、ピアソンはアレックスが、アレックスはピアソンが男を殺したと供述する。

アレックスの曖昧な供述に対し、ピアソンの供述は具体的で信憑性が高い。ピアソンにも疑わしい点があるが、検察はCIDの結論を覆し、アレックスを殺人罪で起訴し、ピアソンを凶器の所持および証拠隠滅罪で起訴する。

裁判が始まり、アレックスの証言に矛盾が見つかる。さらに、アレックスから男の首を刺したと聞いた友人が証言台に立つ。そうして、アレックスに無期懲役刑が下され、ピアソンには1年から1年半の懲役刑が下される。しかし、上告したアレックスは証拠不十分で無罪判決を受け、ピアソンもまた恩赦により釈放される。犯人不在のまま事件の裁判は結審する。

登場人物[編集]

  • パク・デシク検事 - チョン・ジニョン
  • ロバート・J・ピアスン- チャン・グンソク
    • メキシコ系アメリカ米兵士の父親と韓国人のハーフ。18才。 
  • アレックス・ターナー・チョン - シン・スンファン
    • 韓国系アメリカ人。17才。
  • キム・ジョンシク弁護士 - オ・グァンロク
  • アレックスの父 - コ・チャンソク

吹き替え[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ホン・ギソン
  • 脚本:イ・ソン
  • 撮影:オ・ジョンオク
  • 音楽:シン・ドンイル
  • 照明:カン・ソンフン

DVDリリース[編集]

  • イテウォン殺人事件 発売元:カルチュア・パブリッシャーズ (2010年5月28日)

備考[編集]

  • 実際の事件の裁判後、遺族は国家を相手に損害賠償を請求した。
  • この映画をきっかけに、イテウォン殺人事件は12年ぶりに捜査が再開されたことが話題になった[2]
  • この映画をきっかけに、容疑者が逮捕された。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 証言についてに記事KNTV
  2. ^ 捜査再開cinemart
  3. ^ 容疑者、米国で検挙中央日報

外部リンク[編集]