イザベル・オブ・グロスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イザベル・オブ・グロスター(Isabel of Gloucester, ? - 1217年10月14日)はイングランドジョンの最初の妻。ヘンリー1世の庶系の孫である第2代グロスター伯ウィリアム・フィッツ・ロバート(ロバート・デ・カーンの子)の娘。父が1183年に死去した時、男子の後継者がいなかったため、グロスター伯の称号は一旦消滅したが、1186年に新たにイザベルに与えられた。

1189年8月29日に王弟ジョンと結婚した。ジョンがイングランド王となったのは1199年であるが、その前後に婚姻の無効ローマ教皇ボニファティウス8世に認められて離婚した(共にヘンリー1世の血を引く又いとこであったことが理由とされた)。イザベルは王妃とは認められず、グロスター伯位も召し上げられた。