グロスター伯ロバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Robert Consul.jpg

グロスター伯ロバートRobert De Caen, FitzRoy, Earl of Gloucester, 1090年頃 - 1147年10月31日)はイングランドヘンリー1世庶子である。出生地名を取ってロバート・デ・カーンロベール・ド・カーン)と呼んだり、「王の子」を意味するフィッツロイのあだ名を付けることもある。

ロバートは父ヘンリーがイングランド王位を継承するより以前で未婚の頃に、ノルマンディーのカーンで生まれた。正確な誕生日と母の名前は伝わっていない。グロスターの領主ロバート・フィッツハモン(イングランド王ウィリアム1世の従兄弟)の娘メーベル・オブ・グロスター(フィッツハモン)と結婚し、1121年頃、グロスター伯の爵位を授けられた。

父ヘンリー1世が死ぬと、ヘンリーが後継者に指名したロバートの異母妹マティルダ(通称「モード王女」)と、実力でイングランド王位を獲得したスティーブン王の間で王位を巡る争いが起こった。ロバートは、スティーブン王への忠誠を放棄し、モードを支持する派の重鎮として活躍した。

1141年には、リンカーンの戦いでスティーブンを捕える功績を立てる。しかしまもなくスティーブンの支持者にウィンチェスターで敗れて逆に捕えられてしまい、モードは兄ロバートを助けるため、スティーブン王を交換に解放せざるを得なかった。

ロバートはその後もモード支持派として戦いつづけ、内戦状態が継続する最中の1147年10月に亡くなった。