アーザル・ナフィースィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーザル・ナフィースィーペルシア語: آذر نفیسی‎: Āżar Nafīsī、1955年 - )はイラン出身の英文学者。現在はアメリカ合衆国のワシントンDCに居住している。

ナフィースィーはイランで生まれたが、13歳のときイギリスのランカスターに留学し、高校3年生の時にアメリカ合衆国に移住、オクラホマ大学で英文学の学位を取得した。

彼女は1979年にイランに戻り、18年間テヘラン大学、自由イスラム大学、アッラーメ・タバータバーイー大学で英文学を講義したが、最終的に1997年にイランを出国した。

主な著書としては、日本語にも翻訳された『テヘランでロリータを読む』がある。この本では著者とその学生を中心に密かに行われた女性だけの英文学の個人授業の様子を中心に、イラン・イスラーム共和国の全体主義的な神権政治の中でのイラン女性の心情を機知や風刺なども交えながら描いている。

彼女自身はシーア派ムスリムであるが、バーブ教のファーテメ・バラガーニーをイランのフェミニズムの創設者と評価したり、『テヘランでロリータを読む』の中でバハーイー教徒への迫害に触れるなどの面もある。

主要著書[編集]

外部リンク[編集]