アンテロス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンテロス
1943 Anteros
仮符号・別名 1973 EC
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アモール群
火星横断
発見
発見日 1973年3月13日
発見者 J. ギブソン
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 1.430 AU
近日点距離 (q) 1.064 AU
遠日点距離 (Q) 1.796 AU
離心率 (e) 0.256
公転周期 (P) 1.71
軌道傾斜角 (i) 8.70
近日点引数 (ω) 338.25 度
昇交点黄経 (Ω) 246.38 度
平均近点角 (M) 274.19 度
物理的性質
直径 2.3 km
自転周期 2.8695 時間
スペクトル分類 S / L
絶対等級 (H) 15.75
アルベド(反射能) 0.17
色指数 (B-V) 0.841
色指数 (U-B) 0.444
■Project ■Template

アンテロス (1943 Anteros) は、アモール群小惑星である。アルゼンチンの El Leoncito において、ジェームズ・ギブソンによって発見された。名称はギリシア神話の返愛の神アンテロースに由来する。

公転軌道が地球に外接していることからアメリカ航空宇宙局 (NASA) の小惑星探査機NEARシューメーカー宇宙科学研究所 (ISAS) の工学実験探査機はやぶさの初期検討段階において探査対象天体として選定されていたが、どちらも検討の進行に伴い探査対象は他の天体に変更された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ヤブルンカ (小惑星)
小惑星
アンテロス (小惑星)
次の小惑星:
ギュンター (小惑星)