アレキサンダー・ポープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレキサンダー・ポープ

アレキサンダー・ポープAlexander Pope,1688年5月21日 - 1744年5月30日)はイギリス詩人。父はカトリック教徒のリンネル商。

生来虚弱で学校教育を受けず、独学で古典に親しみ、幼少の頃から詩作を試みた。詩集『牧歌』(Pastorals, 1709年)は16歳の時の作という。『批評論』(An essay on criticism, 1711年)は簡潔な格言風の韻文で書かれた詩論で、当時の上流階級には好評を博した。ホメロスの『イーリアス』を1715年から1720年に、『オデュッセイア』を1725年から1726年にかけて翻訳し、予約者が訳者に6ギニーずつを支払って、出版業者が無償で本を作者に提供し、作者がそれを予約者に渡すという販売法でポープは経済上の独立を得た。

技巧と絶えざる彫琢を旨とする古典主義詩人の典型で、簡潔かつ流麗なヒロイック・カプレット(heroic couplet, 弱強五歩格二行聯句)を完成。その名句はシェイクスピアに次いでしばしば引用された。ポープの本領は諷刺詩(Satire)にあり、『髪盗人』はその傑作ともいわれる。その分野では『アーバスノットに与える書』『エピローグ』『ホラティウスに倣いて』も永続すべき業績であると文学史家のレズリー・スティーヴンは述べている。評論としては『愚物列伝』(The Dunciad, 1728年 - 1742年)、『人間論』(An essay on man, 1732年 - 1734年)があり、後者は友人のボリングブルックen)から学んだ理神論を韻文にしたものであった。

当代の貴族達と親しく交際し、ポープの詩の中にもそれらの人々への賛辞が誇りをもって記されている。優雅で感受性にあふれた言葉遣い、当意即妙の機知、上品な作法はジョージ2世の宮廷で必要とされた素質であり、ポープの詩の特徴でもある。ポープはイギリス詩人の伝統をチョーサースペンサージョン・ダンドライデンのような人々の流れとして理解していた。その列にシェークスピアやミルトンが欠けていることは多くを物語っている。

邦訳[編集]

  • 批評 阿部知二訳 文学論パンフレット 研究社 1933
  • 人間論 上田勤訳 1950 (岩波文庫)
  • 批評論 矢本貞幹訳注 研究社出版 1967 (英米文芸論双書)
  • 髪の掠奪 英雄滑稽詩 岩崎泰男訳 同志社大学出版部 1973
  • 愚物物語 中川忠訳 あぽろん社 1989.12
  • アーバスノット博士への手紙 風刺への序言として 岩崎泰男訳 1990.4 (英宝社ブックレット)
  • 道徳論集 中川忠訳 あぽろん社 1998.12

参考文献[編集]

  • ポウプ 酒井善孝 研究社英米文学評伝叢書 1935
  • 矢野禾積『ポープ』研究社、1955
  • 酒井幸三「ポウプ前期の詩と詩論研究 ヒロイック・カプレットの言語技法」あぽろん社 1979.9
  • ポウプと一八世紀の抒情詩 パッションとヒューマーの詩/ 酒井幸三 あぽろん社 1987.12
  • ポウプ・愛の書簡詩 『エロイーザからアベラードへ』注解/ 酒井幸三 臨川書店 1992.11

外部リンク[編集]