アリアドネ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリアドネ
43 Ariadne
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
フローラ族
発見
発見日 1857年4月15日
発見者 N. R. ポグソン
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.203 AU
近日点距離 (q) 1.833 AU
遠日点距離 (Q) 2.573 AU
離心率 (e) 0.168
公転周期 (P) 3.27 年
軌道傾斜角 (i) 3.47
近日点引数 (ω) 15.97 度
昇交点黄経 (Ω) 264.93 度
平均近点角 (M) 312.53 度
物理的性質
三軸径 95 × 60
× 50 km
直径 (平均)65.88 km
質量 ~4.0 ×1017 kg
平均密度 ~2.7 g/cm3
表面重力 ~0.012 m/s2
脱出速度 ~0.034 km/s
自転周期 5.762 時間(逆行)
スペクトル分類 S / Sk
絶対等級 (H) 7.93
アルベド(反射能) 0.2740
赤道傾斜角 105°
表面温度
最低 平均 最高
~178 K 275 K
色指数 (B-V) 0.863
色指数 (U-B) 0.490
■Project ■Template

アリアドネ (43 Ariadne) はやや大きく明るいメインベルト(小惑星帯)のS型小惑星フローラ族では二番目に大きい小惑星であり、この族自体がアリアドネ族と呼ばれていたこともある。

1857年4月15日ノーマン・ポグソンによってオックスフォードで発見され、ギリシア神話アリアドネーにちなんで名づけられた。

ライトカーブ観測からアリアドネは非常に細長い形で、ひょうたん型、あるいはとても角度のある形をしていると推測されている。が黄道座標に対してほぼ平行であり (β, λ) = (-15°, 235°)、赤道傾斜角がおよそ105°ある。このため、自転が逆行している。

また、理由は知られていないが Asteroid 43 Ariadne の名前がアメリカ航空宇宙局 (NASA) の彗星探査機スターダストの支援者名簿に含まれており、探査機の中のマイクロチップに格納されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
イシス (小惑星)
小惑星
アリアドネ (小惑星)
次の小惑星:
ニサ (小惑星)