アブドゥル・サタール・シラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブドゥル・サタール・シラートアブドゥル・サッタール・シーラト(عبدالستار سيرت、英語:Abdul Satar Sirat、1937年10月15日 - )は、アフガニスタンの政治家。王政時代に法務相等を務めた。

経歴[編集]

サマンガーン州アイバク市に生まれる。ウズベク人。1956年、アブ・ハニフ・マドラサ、1960年、カーブル大学シャリーア学部を卒業。

1960年、カーブル大学シャリーア学部の講師、1965年~1968年、同学部長。アブ・ハニフ・マドラサのアラビア語講師を兼任。1967年、アメリカに留学し、1967年~1969年、カイロアル=アズハル大学で学んだ。

  • 1969年~1971年 - 法務相
  • 1971年~1972年 - 無任所相

その後、マッカのウンム・アル=クラー大学の教授となる。

2001年、ザーヒル・シャー元国王の顧問。ターリバーン崩壊後のアフガニスタンの指導者の1人と考えられていたが、アメリカの圧力により、ハーミド・カルザイが選ばれた。シラートは、カルザイ政権への入閣を拒否した。

2004年、大統領選の候補者に登録。

全世界ムスリム同盟の共同設立者の1人。