アビヘパドナウイルス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アビヘパドナウイルス属
分類(ウイルス)
: 第7群(2本鎖DNA逆転写)
: Hepadnaviridae
: Avihepadnavirus

アヒルB型肝炎ウイルス
サギB型肝炎ウイルス

アビヘパドナウイルス属(Genus Avihepadnavirus)とはヘパドナウイルス科の第2に属であり、第1の属はオルソヘパドナウイルス属である。アビヘパドナウイルス属のウイルスは特に鳥類に感染する。アビヘパドナウイルス属のウイルスとしてアヒルB型肝炎ウイルス(DHBV)が含まれる。それ以外ではサギB型肝炎ウイルス(HHBV)、snow goose hepatitis B virus (SGHBV)、ロスガチョウB型肝炎ウイルス(RGHBV)、コウノトリB型肝炎ウイルス(SHBV)が含まれる。

外部リンク[編集]

Jilbert AR, Kotlarski I. Immune responses to duck hepatitis B virus infection. Dev Comp Immunol. 2000 Mar-Apr;24(2-3):285-302. [1]