アネッテ・フォン・ドロステ=ヒュルスホフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロステ=ヒュルスホフの肖像、1838年

アネッテ・フォン・ドロステ=ヒュルスホフ(Annette von Droste-Hülshoff、1797年1月10日 - 1848年5月25日)は、ドイツの詩人。ヴェストファーレンミュンスターのヒュルスホフ城にて貴族の娘アンナ・エリーザベト・フォン・ドロステ=ヒュルスホフとして生まれる。兄達に混じってギリシャ語、ラテン語、フランス語、英語、イタリア語などを学び、早くから詩作を試み、また絵画、音楽にも才を示した。ミュンスター時代にはグリム兄弟の奨励を受け、後には哲学者ショーペンハウアーの妹アデーレと交流しその哲学上の感化を受けている。1826年、男爵であった父が他界し、リュッシュハウスの母に荘園に移り執筆と読書を中心とした閑雅な生活を送る。生涯独身で過ごし、1848年にボーデン湖メールスブルクのささやかな住居に移り住みここで死去した。主な作品にリュッシュハウス時代に書かれた「荒野風景詩」、宗教的な苦悩を書き表した「宗教の一年」など。職業的な作家ではなく興に任せて筆を取るという生活であったため作品は断片・未完に終わっているものも多いが、散文作品では唯一完成している中編小説「ユダヤ人のぶなの木」は、実際にあった殺人事件をもとにしながら農村部の人間模様や陋習を冷徹な筆致で描き、クライストの『ミヒャエル・コールハース』にも比せられている。

参考文献[編集]

  • ドロステ・ヒュルスホフ 『ユダヤ人のぶなの木』 番匠谷英一訳、岩波文庫、1953年