アゾール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アゾール(azole)とは、窒素を1つ以上含む複素5員環化合物の総称である[1]IUPAC命名法の基準となる拡張Hantzsch-Widman命名法で窒素を含む複素5員環化合物の語幹が "-azole" となることに由来する。本来ピロールは許容慣用名であり、IUPAC組織名では1H-アゾールである。

アゾール類は2つの二重結合を有し、芳香族性を示す。

命名法[編集]

アゾール類は次に示す許容慣用名[2]以外は拡張Hantzsch-Widman命名法に従って命名される[3]

拡張Hantzsch-Widman命名法では窒素原子数に応じて含窒素複素5員環化合物は

  1. アゾール (azole)
  2. ジアゾール (diazole)
  3. トリアゾール (triazole)
  4. テトラゾール (tetrazole)

と呼ばれる。また、窒素以外の複素元素(酸素硫黄)も置換されたアゾール類のIUPAC組織名はHantzsch-Widman命名法を基に数詞と共に "Oxa"、"thia" を使った置換命名法("a"命名法)で命名される。

例〉1,3,4-チアジアゾール (1,3,4-thiadiazole)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この稿では総称であることを強調する場合はアゾール類と記す。
  2. ^ Rule B-2, Recommendations 1979, IUPAC IUPAC Nomenclature of Organic Chemistry
  3. ^ Rule B-1, Recommendations 1979, IUPAC IUPAC Nomenclature of Organic Chemistry

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 長倉三郎 ほか(編)「アゾール」『岩波理化学辞典』第5版 CD-ROM版、岩波書店、1998年。