アグネス・フォン・ヴァイプリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァイプリンゲンのアグネス

アグネス・フォン・ヴァイプリンゲンドイツ語:Agnes von Waiblingen、1072年 - 1143年9月24日)はザーリアー朝の皇族。神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世と、サヴォイア伯オッドーネの娘ベルタとの間に生まれた娘。ハインリヒ5世の姉。

1089年シュヴァーベン大公フリードリヒ1世と結婚し、11人の子女をもうけた。

  • ハイリツァ(1088年 - 1110年) - エンスドルフ伯フリードリヒ・フォン・レンゲンフェルトと結婚
  • ベルタ(1089年 - 1120年) - ラーフェンシュタイン伯アーダルベルト・フォン・エルヒンゲンと結婚
  • フリードリヒ2世(1190年 - 1147年) - 皇帝フリードリヒ1世の父親
  • ヒルデガルト
  • コンラート3世(1093年 - 1152年) - ドイツ王
  • ギーゼラ
  • ハインリヒ(1102年没)
  • ベアトリクス(1098年 - 1130年)
  • クニグンデ(1100年 - 1120年/1126年) - ハインリヒ・フォン・バイエルンと結婚
  • リヒルデ - ユーグ・ド・ルーシーと結婚
  • ゲルトルーデ - スターレック伯ヘルマンと結婚

1105年にフリードリヒ1世が死んだあと、アグネスはオーストリア辺境伯レオポルト3世と再婚し、11人の子供をもうけた。

『クロスターノイブルク年代記』続編によれば、アグネスはこの他7人の子供を持ったが、死産ないし夭折によって亡くしている。