アクティブフィルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクティブフィルタの一例(ローパスフィルタ)

アクティブフィルタ(Active Filter)とは能動型のフィルタ回路である。入力の電気信号から特定の周波数成分を含む信号を取り出すための回路である。

アクティブフィルタとは逆に、受動素子のみで構成されたフィルタ回路はパッシブフィルタ(Passive Filter)と呼ばれる。

概要[編集]

抵抗コンデンサコイルを組み合わせたパッシブフィルタでは、得られる周波数特性に限りがある。また、増幅を行うことはできない。

そこで、抵抗素子、キャパシタ素子、増幅素子を組み合わせたフィルタ回路であるアクティブフィルタを用いることで、パッシブフィルタに無い性能を得ることができる。増幅素子として真空管トランジスタ演算増幅器(OPアンプ)が使える。実用上は演算増幅器を用いた回路が多い。

用途[編集]

アクティブフィルタの種類[編集]

特性[編集]

Electronic linear filters.svg

外部リンク[編集]