おめでとうクリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドルトムント大学合唱団ユース室内合唱隊による合唱(2009年)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

おめでとうクリスマス(英:We Wish You a Merry Christmas)は、16世紀イングランド西部地方英語版を起源とする英語のキャロル[1]クリスマス・キャロルの起源はイングランドの伝統的な富裕層にあり、現代のクリスマスプディングに似るイチジク入りプディング英語版などを用意し、クリスマス・イヴの日にはキャロルを歌うなどしてクリスマスを迎えていたことに端を発する[2][3]新年の祝賀に言及するキャロルは、イングランドの伝統的なキャロルとしては珍しい。多くキャロルの最後の曲目として歌われる。

歌詞[編集]

バージョン1[編集]

We wish you a Merry Christmas(x3)
and a Happy New Year.

REFRAIN

Good tidings we bring to you and your kin
We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year.
Now! bring us some figgy pudding(x3)
and bring some out here.(or, and bring it us here)

REFRAIN

For we all like figgy pudding(x3)
so bring some out here.

REFRAIN

And we won't go until we've got some(x3)
so bring some out here.

REFRAIN

It's a season for music(x3)
and a time of good Cheer.

REFRAIN

(Some versions print the refrain as "Glad tidings" instead of "Good tidings')

バージョン2[編集]

We wish you a Merry Christmas(x3)
and a Happy New Year.

REFRAIN

Good tidings to you, where ever you are
Good Tidings for Christmas and a Happy New Year

(The first line of the refrain can also be rendered as "Good tidings we bring, to you and to yours")

Oh, bring us a figgy pudding(x3)
and a cup of good cheer

REFRAIN

We won't go until we get some,(x3)
so bring it right here

REFRAIN

We wish you a Merry Christmas(x3)
and a Happy New Year

REFRAIN

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]