Wikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆する

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

授業や講義でウィキペディアの執筆を教育プログラムとして、行う場合に注意してほしい点を簡単にまとめています。本項は、科学史学会の話題から、作成したものですが自由に追記してください。

はじめに[編集]

  • 実施者(講師)はウィキメールを設定しましょう
  • プログラムで実施する内容を実施者(教員)の利用者ページのサブページとして作成しましょう
  • 受講者一覧を作成しておくと何かあった時に管理者の作業が楽です
  • 特別:ログ/blockで実際に作業を行うIPアドレスがブロックされていないか確認しましょう
  • 執筆記事候補の整理もしくはレベル感の設定をしましょう
    • 執筆依頼のリストから選んでみる
    • 推薦記事も受け付けてみる
  • イベントなどではウィキペディアンが説明するアウトリーチという取り組みもあります

はじめてウィキペディアを触る方に読んでほしい[編集]

事前学習をしましょう[編集]

実施者も受講者も以下の文書を実際に読んでおきましょう。

書いてみよう[編集]

  • 執筆を行う準備
    • 実際にアカウント作成しましょう
  • 事前学習の内容を守りながら、記事の素案を作ってみましょう
    • [[利用者:利用者名/sandbox]]に記事を作ってみよう

最後にアップロード[編集]

  • その結果をプレビューで確認してアップロードを行いましょう

なにかあったとき[編集]

その他参考項目[編集]