WOWOWデジタルプラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

WOWOWデジタルプラス(ワウワウデジタルプラス)は、かつて株式会社WOWOWが運営していた東経110度CS放送プラットフォームである。

歴史[編集]

2004年に東経110度CSデジタル放送のうち、CS1ネットワークを使用していた「プラット・ワン」のプラットフォーム事業者(株式会社プラット・ワン)が、CS2ネットワーク使用の「スカイパーフェクTV!2」のプラットフォーム事業者である株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)に合併し、「スカイパーフェクTV!110(現・スカパー!)」というプラットフォームが成立することとなり、東経110度CS放送の再編が生じる。スカイパーフェクTV!110への移行を良しとしなかった委託放送事業者のうち1社は当時スカイパーフェクト・コミュニケーションズとライバル関係にあったWOWOWの子会社であったことから、WOWOWがCS1ネットワークの一部を引き継ぐ形でプラットフォーム事業に乗り出し、2004年11月12日からサービス放送(無料)を行い、同年12月1日から本放送を開始した。

東経110度CSデジタル放送が受信出来るBSアンテナ及びデジタルチューナーBSデジタルチューナーと共用)があれば視聴可能であった。東経110度CSデジタル放送が開始される2002年以前に発売されたBSデジタルチューナーでは未対応のため、加入の際はプロモーション番組をデータ放送形式で流するep055チャンネルが受信出来る事を確認するよう呼びかけていた。

しかし、加入者数は6千人弱に留まり、事業の好転も見込めないことから2006年12月31日に放送を終了した。なお、WOWOWデジタルプラスをプラットフォームとしていたep055チャンネルは、デジタルプラス終了後の2007年1月1日以降、どこのプラットフォームにも属さない独立系のCSチャンネルに転換したが、2012年4月にはスカパー!e2に移管している。

また、WOWOWはデジタルプラスの最終月となった2006年12月、スカイパーフェクト・コミュニケーションズの東経124・128度CSプラットフォーム(CSデジタル放送)「スカパー!プレミアムサービス」において、自社BSアナログ放送と同一編成の「CSデジタル衛星役務利用放送」を開始。本プラットフォーム事業の不振は、奇しくもスカイパーフェクト・コミュニケーションズとの関係の転換に繋がることとなった。

委託放送事業者と放送チャンネル[編集]

いずれの委託放送事業者も、WOWOWデジタルプラス上の受託放送事業者宇宙通信(現・スカパーJSAT)としていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]