VK (SNS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パーヴェル・ドゥーロフ、26歳の誕生日に(2010年)

VK(ヴィーケイ、ヴィーキイ(ロシア語: ВК))は、V Kontakte(フ コンタクテ)の略称で、ロシアを中心とするSNSのひとつ。

概要[編集]

2006年、パーヴェル・ドゥーロフ英語版サンクトペテルブルク大学を卒業直後に創業した。

VKはロシアにおいてアドナクラースニキ市場占有率を争うSNSで、ウクライナベラルーシなど旧ソ連邦の国々でも盛んに使われている。

2008年にはアドナクラースニキに市場占有率で迫ると、2012年にはロシア最大級のSNSとなる[1]

エピソード[編集]

「V Kontakte(フ コンタクテ)」 はロシア語で「接触中」や「連絡中」を意味する[2]

脚注[編集]

  1. ^ ロシアのソーシャルネットワーク ロシアNOW 2012年10月22日
  2. ^ ロシア語: в контактеロシア語ラテン翻字: v kontakte)は英語の「in contact」または「in touch」に相当し「接触中」または「連絡中」の意味で、ロシア語の前置詞の「в」は次に来る名詞前置格を要求するので「контакт」は「контакте」に変化して、無声音(この場合は「к」)の前では無声音「ф」(ローマ字では「f」)のように発音されるので、全体は「f kontaktye」(強調音でない「о」はモスクワの標準語では「а」のように発音されるので、カタカナに強いて直すと「フ・カンタークティエ」)のように発音されて、これをロシア文字で一語とし、前の2文字を大文字としたものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]