UR-100N

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UR-100N
SS-19 missiles.jpg
種類 ICBM
運用史
配備期間 1974–present
配備先 ソビエト連邦 / CIS
開発史
製造業者 クルニチェフ国家研究生産宇宙センター
諸元
重量 105.6 tonnes
全長 27 metres
直径 2.5 m

最大射程 10000km
弾頭 up to 6
核出力 550 kt (Mod 3), 5 Mt (Mod 2)

エンジン 2段式液体燃料
誘導方式 慣性誘導式
テンプレートを表示

UR-100Nは、ソビエト連邦が開発したサイロ発射式の大陸間弾道ミサイルクルニチェフ国家研究生産宇宙センターで製造され、NATOではSS-19スティレットとして報告されている。改良型のUR-100N UTTKh(SS-19 Mod3)は1982年に製造が開始され、近年まで運用されており2030年まで保管されている。UR-100Nを転用した衛星打ち上げロケットにストレラロコットが存在する。極超音速滑空体アバンガルドの運搬手段としてもUR-100N UTTKhは選定された[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ первые комплексы "Авангард" встанут на боевое дежурство в 2019 годуtass.ru 2018年10月29日

外部リンク[編集]