UDPヘルパーアドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UDPヘルパーアドレスとは、クライアントとサーバが異なるサブネットマスクに属する場合にブロードキャストパケットを中継する際に設定する、ルータの特別な設定。主にエンタープライズ環境で各サブネットにサーバを設置するコストを節約する用途に用いられる。

使用例[編集]

ネットワークでは各ホストがユニークなIPアドレスを持っている。隣り合ったアドレスのグループは同一サブネットと呼ばれる。各クライアントにIPアドレスを割り振る方法にはDHCPがあり、通常はサブネット毎にDHCPサーバが設置される。

しかしながら、サブネットの異なるネットワークに対してもDHCPにてアドレスを割り振りたい場合も存在するが、大抵のルータはブロードキャストパケットをサブネットを跨いで中継しない。これはDHCPのような重要なネットワークサービスの運用にあたって問題となる。

この解決のため、UDPヘルパーアドレスをルータに設定し、PCからのブロードキャストパケットをDHCPサーバに転送する方法が用いられる。するとDHCPサーバは設定された範囲からIPアドレスを1つ選び、そのアドレスで応答する。この際にDHCPサーバはそのIPアドレスを記憶しておき、再びクライアントがブロードキャストで応答した際、IPアドレスのリースを実行する。

また、ヘルパーアドレスも異なるサブネットを跨いでUDPパケットが転送されるため、UDPヘルパーアドレスはサブネットの異なる2台のサーバマシン間で通信を行うために作成されることがある。

実装例[編集]

シスコ製品では、この機能はルーティングソフトウエア Version.10から実装された。[1] この機能を利用するためのコマンドは ip helper-addressip forward-protocol になる。

Syntax Description:

ip helper-address [vrf name | global] address [redundancy vrg-name]
no ip helper-address [vrf name | global] address [redundancy vrg-name] 

vrf name

(Optional) Enables VPN routing and forwarding (VRF) instance and VRF name. 

global

(Optional) Configures a global routing table. 

address

Destination broadcast or host address to be used when forwarding UDP broadcasts. There can be more than one helper address per interface. 

redundancy vrg-name

(Optional) Defines the VRG group name.

特記事項[編集]

UDPヘルパーアドレスの使用はWindowsのネットワーク設定に影響を及ぼすことがある。 Microsoft's knowledge base を参照のこと。[2]

マイクロソフトによると、この問題はシスコルータのデフォルト設定がPort137,138を利用するために生じている。これらのポートはNetBIOSがネットワーク設定のために利用しているので、ブロードキャストにおいて混信を招く場合があるためである。

参考文献[編集]