TISPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

TISPAN: Telecoms and Internet converged Services and protocols for Advanced NetworkTISPAN)は、タイスパン,ティーアイスパンなどと呼ばれる."進歩的なネットワークの為の電気通信およびインターネット統一サービスおよびプロトコル"を策定するための団体であり,ETSI 欧州電気通信標準化機構の一プロジェクト(組織)である。2003年から活動を開始している.2005年12月のNGN Release1リリースにのっとり堅牢なテストと実装が必要としてはじめられた.現在は,2008年初頭に決められたCommon IMS(3GPP relase8(LTEが入ってきたことで少し有名))をベースに IMSやnon-IMSベースのIPTV等を検証している.3GPPと密に連携し,ITU等にも意見をインプットしている.

TISPANは PlLENARY(総会), WG2(Service Requrements Architecture), WG3(Protocols), WG4(Numbering Addressing Routeing), WG5(Home Networks), WG6(Testing), WG7(Security), WG8(Network Management)の部会にわかれて議論を進めている.

日本に置き換えればTTCやARIBの下の技術検証の為の部会のようなものであるが,日本にはあるかどうかわからない(要追記)

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]