Submachine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Submachine(Submerged Machine)とはマテウシュ・スクトニクポーランド語版が製作しているポイントアンドクリックゲーム英語版シリーズである。第1作は2005年10月にリリースされた。

概要[編集]

全てのゲームを通して、プレイヤーは目覚めた時には記憶喪失だったという設定の主人公として行動する。そして、"Submachine"と呼ばれる舞台でパズルを解いたり、集めたアイテムを駆使したりしながら脱出を目指すのがこのシリーズの目的である。現在メインシリーズが10作品、スピンオフ作品が4作品リリースされている。スピンオフ作品の中にはJay Is Games英語版が主催するコンテスト向けに製作された、音楽グループ「フューチャー・ループ・ファウンデーション英語版」の公式サイトとのコラボレーション作品もある。

イゴール・ハーディーによるインタビューでマテウシュ・スカトニクは「少なくとも"Submachine 10"まで製作を予定している。」とコメントしている[1]

リリース作品[編集]

メインシリーズ作品[編集]

全作品にHDバージョンあり

  • Submachine 1: the Basement(バージョンアップ、Changelogsあり)
  • Submachine 2: the Lighthouse (Revisitedバージョンあり)
  • Submachine 3: the Loop
  • Submachine 4: the Lab
  • Submachine 5: the Root
  • Submachine 6: the Edge
  • Submachine 7: the Core
  • Submachine 8: the Plan
  • Submachine 9: the Temple
  • Submachine 10: the Exit


サブシリーズ作品[編集]

  • Submachine, the original game. (後のSubmachine 1: The Basement。マテウシュ・スクトニクの Submachine 1 Changelogでいくつかのバージョンをプレイすることが出来る)
  • iSubmachine, a game for iPhone.(配信は終了している)
  • Submachine 2: The Lighthouse (Sketch)
  • Submachine Universe (旧名:Submachine Network Exploration Experience マテウシュ・スクトニクいわく、「ゲームではない作品」)
  • Submachine: 32 Chambers
  • Submachine Future Loop Foundation
  • Submachine Zero: Ancient Adventure

コミュニティ[編集]

Submachineシリーズではファンの多数が、製作者によって設置されたPastelForumに参加している。シリーズには決まった設定が曖昧なためか、このフォーラムではファンによってほとんどの人が持つSubmachineの背景に関するストーリーのアイデアに基づいた数多くの考えが生み出されている。[訳語疑問点]

これらの考えはSubmachine Universeに取り入れられている。これに関してアンドリュー・プロトキンはGameshelfのレビューで「1人用のアドベンチャーゲームシリーズにおいて(中略)プレーヤーのコミュニティを取り込む良い方法」と評している[2]

受賞[編集]

Jay Is GamesにてSubmachine 4がBest of Casual Gameplay 2007 - Point-and-Clickを、Submachine 6がBest of Casual Gameplay 2009 - Adventureを[3]、Submachine: 32 ChambersがCasual Gameplay Design Competition #8と[4]シリーズ作品が3回受賞するなど、シリーズを通して多数の受賞歴がある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]