Sakura Script Transfer Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SSTP (Sakura Script Transfer Protocol) とは、伺か、およびその互換環境(以下 SSTP サーバ)の制御に使われる SAKURA Script の転送プロトコルである。 HTTP ヘッダに似た構文を持つ。

SSTP を利用することにより、外部から SSTP サーバにイベントを発生させることができる。 SSTP が使用するポート9801、およびポート7743は IANA が定める予約済みポートにも登録されている。 SSTP 自体は単なる転送プロトコルに過ぎず、 SSTP サーバへ実際に与えられる命令は SAKURA Script による。これは HTTP と HTML の関係に例えると分かりやすい。

ポートを使用する SSTP の他、 Windows の COPYDATA メッセージを使用する Direct SSTP がある。 Direct SSTP は SSTP サーバと SSTP クライアントが単一の Windows 上で同時に動く場合に利用される。

SSTP を利用したコミュニケーションツールとして、 SSTP Bottle がある。 SSTP 送信サーバを容易に利用できるように、いもうとネットワークサービス - 毒電波 - ホームページからのメッセージがフリーで利用できる。

SSTP 使用上の注意[編集]

SSTP の通信はサーバから利用者の PC へ接続要求が発生することがあるため、ファイヤーウォールソフトの設定によっては『不正侵入』等の警告メッセージが表示されることが多い。

そのため、 SSTP を不特定多数の利用者がアクセスする可能性のあるホームページ等に設置する場合には、予め『不正侵入』の警告メッセージが表示される旨、記載しておくことが望ましい。

ポート番号[編集]

  • TCP 7743:伺か(未使用)
  • UDP 7743:伺か(未使用)
  • TCP 9801:伺か
  • UDP 9801:伺か(未使用)
  • TCP 9821:SSP
  • TCP 11000:伺か(廃止)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]