Sae2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Sae2 (サエツー)は、ハーバード大学のNacy Kleckner教授らのグループによって発見された出芽酵母遺伝子である。おなじ遺伝子はクライン博士らによっても同時期に発見され、Com1 (コムワン)とも呼ばれる。

ヒトのSAE2[編集]

SAE2遺伝子はヒトにもホモログが存在し、CtIPやRBBP8と呼ばれている。CtIPは毛細血管拡張性運動失調症の原因遺伝子がコードするATMたんぱく質によってリン酸化されることが知られており、また、家族性乳がんの原因遺伝子のひとつBRCA1と結合することも知られている。