SPI3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

SPI3(エスピーアイ3)は、リクルート社製の就職採用テストである。

概要[編集]

SPI3は性格検査、能力検査からなる就職採用テストである。ただし試験の種類によっては特定の分野のみを出題し、特定の分野を出題しない場合もある。

SPI2とSPI3との違いは次の通りである。

  • オプション検査に構造的把握力が追加された。
  • 性格検査を会場ではなく自宅で受験するように変更。

SPI3の種類[編集]

SPI3は試験の目的に応じて複数の種類がある[1]

実施形態[編集]

SPI3の受験方法として以下の方法がある[1]

テストセンター
受験者が予約した試験会場まで行き、会場内のパソコンで受験する方式。前回受験の結果を他企業に対して送信できる。
インハウスCBT
企業内のパソコンを使って受験をする方式。
Webテスト
受験者が自宅などにあるパソコンを使用して試験を受験する方式。正式名称は「Webテスティングサービス」。
ペーパーテスト
マークシート方式。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b テストの種類・実施方法 | SPI3 リクルートの適性検査

外部リンク[編集]