SPAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SPAD第一次世界大戦期のフランス航空機メーカーである。

1910年アルマン・ドゥペルデュサン(Armand Deperdussin)によって航空機会社Société des Aéroplanes Deperdussinが設立された。同社は直にソシエテ・プロヴィゾワレ・デザパレイユ・ドゥペルデュサン(Société Provisoire des Appareils Deperdussin)と改称、略称SPADとなった。ルイ・ベシュローの設計により、戦前もドゥペルデュサン・モノコック・レーサーなど優れた航空機を製作した。

後にアルマン・デュペルデュサンは横領で逮捕され、ルイ・ブレリオが1914年に経営するようになったあと、略称はSPADのまま、社名はSociété Pour Aviation et ses Derives(航空機および関連製品株式会社)に変更された。その後もベシュロー設計による航空機を製作、特に第一次世界大戦中盤以降、フランス軍航空隊の主力戦闘機となったSPAD VIIXIIIを開発・生産、第一次世界大戦におけるフランスの主要な戦闘機メーカーとして存続した。

1919年、ベシュローはSPADを退職し、その後のSPADの設計はアンドレ・エルブモンが行うことになった。

1921年にはブレリオ社(Bleriot-Aeronautique)の1部門となった。

1936年頃国営化により、ブレリオ社はSNCASOSociete Nationale de Constructions Aeronautiques du Sud-Ouest )に統合された。

関連項目[編集]