SO YOUNG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SO YOUNG
THE YELLOW MONKEYシングル
初出アルバム『SO ALIVE
リリース
録音 1998年8月
ニューヨーク
ジャンル ロック
時間
レーベル ファンハウス
プロデュース 吉井和哉&JASON CORSARO
チャート最高順位
THE YELLOW MONKEY シングル 年表
MY WINDING ROAD
1998年
SO YOUNG
1999年
バラ色の日々
(1999年)
ミュージックビデオ
「SO YOUNG」 - YouTube
テンプレートを表示

SO YOUNG」(ソー・ヤング)は1999年3月3日に発売されたTHE YELLOW MONKEY18枚目のシングル。発売元はファンハウス

解説[編集]

  • 「PUNCH DRUNKARD TOUR」の最中、ロンドンでのライブのリハーサル中に作曲、その後ニューヨークでレコーディングされ、1998年12月28日に行われた「メカラ ウロコ・9」の最終曲として初披露。ツアーファイナルの1週間前にリリースされ、ツアーファイナルでもトリを飾った。
  • 「メカラ ウロコ・9」で初披露された際に、吉井は「青春そのものだったツアーのことや、イエローモンキーとファンの関係を歌っている」と語っている。
  • 吉井は『So YOUNG―吉井和哉詩集』での「自身の楽曲の中で究極のラヴ・ソングは?」という質問と、「自分が死んだ時に流したい曲」という質問の両方にこの曲をあげている。後に吉井はこの楽曲を「俺にとってのTHE YELLOW MONKEYの解散ソング」としており、「バンドの遺影があるとすればこの曲の頃のアーティスト写真(ツアーファイナルの横浜アリーナで観客をバックにメンバーが肩を組んでいる写真)」とも語っている[1]
  • ジャケットの筆で描かれた「SO YOUNG」の文字は吉井が執筆した[2]。ジャケットの裏にある黄色の丸は、吉井が若年層の支持を上げるため、ハローキティの鼻を載せた。ただし、吉井は「黄色の丸について、当時のファンから特に質問もなかった」と語っている[2]
  • 2007年にCHEMISTRYの堂珍とカラオケに行った際、酔った勢いで実に9年ぶりに本作を歌った際に改めて「いい曲だなあ」と楽曲の良さに気付いたという。その甲斐あってかその年の年末の武道館公演で演奏された。

収録曲[編集]

  1. SO YOUNG
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    TV朝日系ニュースステーション」99年3月度ウェザーテーマ。後に高橋栄樹の監督映画「trancemission」(1999年)の主題歌にもなった。アルバム『8』に未収録(初回盤にのみ特典ディスクとして収録)となったのは、「第一期THE YELLOW MONKEY最後の曲だから、第二期に入ってはいけないんだ」と渋谷陽一が分析している。2013年に行われた『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票で6位を獲得した。
  2. NEW YORK CITY LOSER
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    プレイステーション用ソフト『PERFECT PERFORMER -THE YELLOW MONKEY-』に、カップリング曲として唯一収録された。
  3. SO YOUNG (Instrumental)
    (作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

#1

#2

  • 『MOTHER OF ALL THE BEST』(2004年12月8日)※初回版DISC3

カバー[編集]

#1. SO YOUNG

脚注[編集]

  1. ^ 「BURN」吉井和哉・その後の2万字インタビュー
  2. ^ a b back numberのオールナイトニッポン(2015年3月17日放送)
  3. ^ MADOKA 「SO YOUNG」THE YELLOW MONKEYcover@赤坂ノヴェンバーイレブンスPart2 - YouTube

参考文献[編集]

外部リンク[編集]