SMPTE 259M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SMPTE 259MとはSMPTEが発布した"10ビットのシリアルデジタルインターフェースの143/270/360 Mb/sでの運用"を定義したものである[1]

SMPTE 259Mの目的はシリアルデジタルインタフェース(同軸ケーブルを使用)を定義する事でこのインターフェースは一般的にSDIまたはSD-SDIと呼ばれる。

4つのビットレートが定義されており、それらは通常ビデオフォーマットの規格において採用されている。

派生 ビットレート 画面の縦横比 走査線数(フレーム毎) 有効画素 有効走査線数 フレームレート
SMPTE 259M-A 143 Mbit/s 4:3 525 768 486 60i
SMPTE 259M-B 177 Mbit/s 4:3 625 948 576 50i
SMPTE 259M-C 270 Mbit/s 4:3 or 16:9 525 720 486 60i
SMPTE 259M-C 270 Mbit/s 4:3 or 16:9 625 720 576 50i
SMPTE 259M-D 360 Mbit/s 16:9 525 960 486 60i

関連[編集]

出典[編集]

  1. ^ doi:10.5594/S9781614824077
    これはおそらく他の言語版からコピーされた出典です。日本語版では副テンプレートはまだ作成されていません。テンプレートページを開いて該当言語版からコピーする必要があります。通常英語版ページ