Portal:最近の出来事/編集方針

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Portal:最近の出来事へ寄稿するための情報

どうしてPortal:最近の出来事があるの?[編集]

ウィキペディアのプロジェクトと読者は、このページにある記事から多大な恩恵を受けます。一つには、プロジェクトに人々がかかわる素晴らしい方法なのです(もし、我々が、あるタイムリーな主題について初めて記事を最初に用意したうちの一つなら、Googleでより高い順位に表示されるように思われます)。また、単にウィキペディアが、皆にとってより使いやすくなる素晴らしい方法でもあります。現在の興味を引く主題について、詳細で正確な背景をもつ記事を用意することにより、実際にすぐに皆の興味を引くことができます。しかし、このページが規則正しく、毎日、更新されなければ、相対的に制限された使い方になります。我々は、かなり規則正しく更新されるように気を付けるべきです。

ウィキペディアはニュースの報告ではありません[編集]

ニュースの報告はウィキニュースの役目です。ニュースの速報記事を書くのは、ウィキペディアの仕事ではありません。ただし、アメリカ同時多発テロ事件のように、将来、その主題について「百科事典の記事」が必要とされることが明らかであるような場合は、この限りではありません。ここに一つの重大な危険が潜んでいます。ニュース記事は、「アップデート」されていなければ正確性を維持できないということです。ウィキペディアの編集者はニュース記事を書き始めたところで興味を失い、そこで編集をやめてしまうかもしれません。そうすると、すぐにその記事は不正確なものになってしまうのです。要するに、ウィキペディアは報道機関のまねごとをするようにはできていません。プロのニュース組織と競合しようとしてはいけないのです。

また、ウィキペディアは一次資料の集積所ではありません。現在の出来事を直接調べて記録したものは一次資料です。一次資料はウィキニュースで受け入れており、ウィキペディアはウィキニュースに集められた一次資料を引用することができます。

ウィキペディアは、ウィキニュースの記事を一次資料をまとめたものとして引用することができます。多くのニュース情報源をまとめたウィキニュースの要約記事を引用することによって、ウィキペディアでは個々のニュース情報源をいちいちリストアップする手間が省けます。

「Portal:最近の出来事」は、ニュースの背景解説記事です[編集]

ウィキペディアができることは、現在の出来事をより深く適切に理解するための助けになるような、詳細な背景記事を書くことです。そういう仕事なら、おそらく、たいていの場合に(しばしば適切でない背景の情報を提供する)プロのニュース組織よりも上手にできます。ですから、たとえば、我々はマザリシャリフが北部同盟に掌握されたという記事を書きたいとは思いませんが、北部同盟マザリシャリフ民族紛争に関する記事の投稿は歓迎します。そういう背景記事を用意することは、いろいろな意味で、日々のニュースを追いかけること自体よりも重要なことなのです。

この点で、ウィキペディアとウィキニュースはお互いに補完しあうものです。ウィキニュースは、現在の出来事に関する一次情報を収集・提供することによって、ウィキペディアの手間を省いています。一方、ウィキペディアがニュースに登場する人物や場所や物について詳細な背景記事を提供しているので、ウィキニュースではニュースの背景解説をする必要がないのです。(プロのニュース組織には百科事典の兄弟プロジェクトはありません。これはウィキペディアとウィキニュースだけの特長です。)

どのようにしてページを更新し続けるのか[編集]

いくつかのトピック、たとえばテロリズムは、ずっと何年もニュースであり続けます。他のトピックは、1, 2週間の間ニュースになり、いくつかは今日ニュースであっても明日はそうでなくなります。ですから、Portal:最近の出来事を最大限に活用するためには、毎日ニュースをチェックしている人が「毎日」更新する必要があります。おそらく、ページを更新し続ける優れた方法は、オンラインで(いや、オフラインでも)ニュースを読んでいる間、最近の出来事ページのウィンドウを開いておくことです。百科事典が提供する背景記事が有用になるような新しいトピックがニュースに現れたら、それをPortal:最近の出来事ページに追加して下さい。