PT-101

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PT-101 1995年

PT-101旧DDIポケットグループ(現ワイモバイル)がPHS事業を始めた際に最初に投入した機種の1つである。当時のPHSはEメールサービス等は行っていなかったので、ほぼ通話送受信のみに徹した機器である。 トランシーバー機能を持っており、親機HS-111を利用することにより最大8台を子機として使うことができた。

各種仕様[編集]

  • 機種名 PT-101
  • サイズ 幅約53×高さ約143×厚さ27mm(突起部除く)
  • 質量 約145g
  • 色 ブラックのみ
  • 連続通話時間 約300分
  • 連続待受時間 約200時間
  • 充電時間 約10時間
  • バッテリ- 3.6V、730mAh

その他[編集]

  • この機種には1993年10月からのPHS使用実験に使用された前身機種があるようで、当時DDIポケットグループより発行されたPHSシステムを紹介する1994年3月発行のパンフレット等に掲載されている。前身機種は色がグレー、形が多少違う、「POCKET」のロゴが全く違う、「by KYOCERA」文字が無い等の違いがある。なお、1994年4月発行のパンフレットにはPT-101が載っている。