PQ13船団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PQ13船団第二次世界大戦中にソ連援助のため送られた船団の一つ。1942年3月にソ連へ向かった。船団は19隻の船からなり、護衛は軽巡洋艦トリニダードや駆逐艦エクリプスフュリーなど。5隻がドイツ軍によって沈められた。

船団は1942年3月10日にロッホ・ユーを出発、途中レイキャビクに寄り、20日にレイキャビクを出発した。しかし25日、悪天候のため船団はばらばらになってしまった。28日の時点では何隻かの船が二つの集団を作っていた。この日爆撃により単独航行中であったパナマ船レイスランド (Raceland) とイギリス船エンパイア・レンジャー (Empire Ranger) が爆撃を受けて沈んだ。またキルケネスからドイツの駆逐艦Z24Z25Z26が船団攻撃に出撃、深夜パナマ船バトウ (Bateau) を発見して沈めた。29日8隻の商船からなる船団の前方を航行中のトリニダードとドイツの駆逐艦3隻が遭遇、トリニダードは砲撃でZ25とZ26を損傷させたが、Z26に対して発射した魚雷が自艦に命中して大破した。その後、Z26はエクリプスの攻撃で沈没、エクリプスもZ24、Z25からの砲撃で損傷した。30日アメリカ船エッフィンガム (Effingham) がドイツ潜水艦U435に、イギリス船インデュナ (Induna) がU376に雷撃され沈んだ。残りの船は目的地に着いた。