パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PG&Eから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニー
Pacific Gas and Electric Company
Pacific Gas and Electric Company (logo).svg
種類 公共会社
市場情報 NYSEPCG
略称 PG&E
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サンフランシスコ
設立 1905年
事業内容 電力天然ガス
従業員数 20,000人(2007年)[1]
外部リンク www.pge.com
テンプレートを表示

パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニーPacific Gas and Electric Company, PG&E、パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック社)は、サンフランシスコ・ベイエリアを中心とするカリフォルニア州北部地域の天然ガス電力供給を行う企業である。 

カリフォルニア州南部は電力をサザン・カリフォルニア・エジソン英語版、ガスをサザン・カリフォルニア・ガス英語版が供給している。

2000年カリフォルニア電力危機の際に経営危機に陥り、2001年4月6日に連邦倒産法第11章の適用を申請して事実上経営破綻した。同社破綻後の事業はカリフォルニア州が継承し、PG&Eの510万人の加入者への電力供給は維持された。[2]

2019年1月14日には、前年11月の大規模山火事「キャンプファイヤー英語版」を始め、多数の山火事の原因として同社の送電設備が疑われており、訴訟により巨額の賠償金支払いが見込まれるとして、再び連邦倒産法第11章の適用を申請した。[3]

その後、消防当局はキャンプファイヤーについて同社の送電設備からの電気火災が原因であると発表し、同社の責任が確定した[4]

参考資料・文献[編集]

  1. ^ http://www.pgecorp.com/investors/pdfs/2007AnnualReport.pdf
  2. ^ https://money.cnn.com/2001/04/06/news/pacificgas/
  3. ^ https://www.cnn.co.jp/business/35131300.html
  4. ^ Robertson, Adi (2019年5月15日). “Investigators confirm that PG&E power lines started the deadly Camp Fire”. The Verge. 2019年11月12日閲覧。
  • "The History of Gas Lighting in San Francisco" Pacific Gas and Electric Magazine Vol. 1 #3 August 1909
  • PG&E - A Report on the Companies Environmental Policies and Practices - Council on Economic Priorities - NY April 1994
  • Roe, David. Dynamos and Virgins. (New York: Random House, 1984.)


外部リンク[編集]