OpenBSD Journal

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OpenBSD Journal
OpenBSD Journal Logo.jpg
URL undeadly.org
営利性 非営利
タイプ ニュースサイト
登録 任意
使用言語 英語
ライセンス All rights reserved
運営者 ダニエル・ハートマイエル
設立者 ダニエル・ハートマイエル
アレクサ
ランキング
841514(2011年12月17日現在)[1]
現状 運営中

OpenBSD JournalとはOpenBSDソフトウェアや関連する出来事を取り上げているニュースサイトである。

歴史[編集]

当初、deadly.orgにて2000年に立ちあげられ2004年4月1日まで運営されていた。2004年4月1日に編集者のジェームズ・フィリップスとホセ・ナザリオがサイトの運営を停止すると発表[2]、ダニエル・ハートマイエルがコンテンツを保存するために掲載記事のバックアップを行った[3]。バックアップサーバーにあるdeadly.orgのコンテンツにアクセスできるようにするためのCGIベースエンジンを作成するために記事の構造が詳細に調査された。その結果、新しい記事を配信する機能が実装されるようになり過去の編集者が記事を再配信できるようになった。こうして2004年4月9日にOpenBSD Journalは現アドレスに移行した[4]

OpenBSDコミュニティでの役割[編集]

OpenBSD JournalはOpenBSDのFAQにおける、2つある「有難い」サードパーティリソースの1つに挙げられており[5]、OpenBSD関連情報の信頼できる情報源と幅広く認識されている[3][6][7]

また、ハッカソンなどのイベントの主要なレポーターであり、OpenBSDの開発者ブログを運営している。

脚注[編集]

  1. ^ Undeadly.org Site Info”. Alexa Internet. 2011年12月17日閲覧。
  2. ^ Phillips, James (2011年12月17日). “we're done”. OpenBSD Journal. 2004年4月1日閲覧。
  3. ^ a b Artymiak, Jacek (2004年4月18日). “The OpenBSD Journal Is Reborn”. ONLamp. O'Reilly Media. 2011年12月17日閲覧。
  4. ^ Hartmeier, Daniel. “About OpenBSD Journal”. OpenBSD Journal. 2011年12月17日閲覧。
  5. ^ Getting to know OpenBSD”. Snappy Answers to Stupid Questions. OpenBSD. 2011年12月17日閲覧。 “The OpenBSD Journal is an OpenBSD-focused news and opinion site.”
  6. ^ Hansteen, Peter N. M. (2010-11-19). The Book of PF: A No-Nonsense Guide to the OpenBSD Firewall (2nd ed.). No Starch Press. p. 167. ISBN 978-1-59327-274-6. 
  7. ^ Lucas, Michael (2003-06-08). Absolute OpenBSD: Unix for the practical paranoid. No Starch Press. p. 23. ISBN 978-1-886411-99-9.