NCLEX-RN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NCLEX-RN(National Council Licensure EXamination-Registered Nurse) は、CAT(computer-adaptive test )と呼ばれるテスト形式で行なわれる、アメリカ正看護師資格試験である。 受験するためには、RNのライセンスを発行する州ならびにアメリカの領土(アメリカ領サモア, グアム, 北マリアナ諸島連邦 ,米領ヴァージン諸島コロンビア特別区)のBoard of Nursingに対して受験申請をする必要がある。

NCLEX-RN試験はNational Council of State Boards of Nursing, Inc. (NCSBN)によって作成される。

試験は、アメリカ国内、もしくはアメリカ以外のNCLEX-RN試験を受験可能な国(日本、フィリピンメキシコなど)のPearson VUEにて実施される。

テストはすべて英語で行なわれる。最低75問、最高265問出題され、制限時間は6時間である。 日本の看護師国家試験と違い、受験者の予定に合わせて受験予約が可能である。 現在、日本国内では東京大阪にて受験可能である。なお、現在米国では看護師用のビザの取得が困難になっているのが現状である。[1]米国看護師ビザ手続きの停滞も参照)

試験日・合格発表日[編集]

  • 試験日
    • 毎日。ただし希望する受験センターが予約可能な場合のみ。
  • 合格発表
    • 受験日後4週間以内に郵送で通知される。2010年5月現在、日本国内のテスト会場は東京と大阪でしている。

試験の内容[編集]

試験の出題範囲がNCSBNから公開されている。

  • Safe Effective Care Environment
    • Management of Care
    • Safety and Infection control|Infection Control
  • Health Promotion and Maintenance
  • Psychosocial Integrity
  • Physiological Integrity
    • Basic Care and Comfort
    • Pharmacological and Parenteral Therapies
    • Reduction of Risk Potential
    • Physiological Adaptation

問題形式[編集]

ほとんどの問題は、多項選択式問題である。ただし、最近は複数選択問題、計算問題、優先順位を記述させる問題なども出題されるようになっている。

米国看護師ビザ手続きの停滞[編集]

2006年前後から2012年11月現在米国では外国人看護師用のビザが極めて取得困難になっており、将来的に解決の見通しも立っていないのが現状である。[2]米国看護師ビザ手続きの停滞参照)

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]