Mark 7 (核爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mark 7 / W7
タイプ 核爆弾(Mark 7) / 核弾頭(W7)
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍
アメリカ海軍
アメリカ陸軍
開発・生産
開発期間 -1952年
生産期間 1952年-1963年(Mark 7)
配備期間 1952年-1967年(Mark 7)
1955年-1963年(W7)
生産数 1,700-1,800発(Mark 7)
1,350発(W7)
要目
核出力 8、19、22、30、31、61kt(Mark 7)
2、40kt(W7)
弾頭 核分裂兵器(インプロージョン方式)
直径 30.5インチ(Mark 7)
30.5インチ(W7)
長さ 183インチ(Mark 7)
54.8-56インチ(W7)
重量 1,645-1,700ポンド(Mark 7)
900-1,100ポンド(W7)
テンプレートを表示

Mark 7とは、アメリカ合衆国が開発した最初の戦術核兵器である。弾頭部はW7とも呼称され、多目的戦術核兵器として開発され爆弾としてだけでなくミサイルなどの核弾頭としても使用された。また、トールとの通称もあった。

従来の核兵器より小型であったために、航空機からの低高度爆撃システム(LABS)を用いた投下方法によって運用することもできた。Mark 7は1951年に行われた核実験であるバスター・ジャングル作戦(Operation Buster-Jangle)において、実弾頭の試験が行われている。

戦闘爆撃機にも搭載できるほど小型軽量であり、機外搭載用に流線形で安定翼のついた形状となっている。核分裂兵器であり、92分割の爆縮レンズを用いたインプロージョン方式を採用している。核出力はサブタイプによって異なり、8kt(mod0)から61kt(mod9)まであった。サイズは直径30.5インチ、長さ183インチ、重量1,645ポンドから1,700ポンド。信管は着発または空中爆発であり、W7には水圧信管も用意された。

Mark7は1,700~1,800発が作られ、1952年から1967年まで配備された。

搭載兵器(W7核弾頭)[編集]