LPWA (無線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

LPWA (Low Power, Wide Area)、LPWAN (Low-Power Wide-Area Network) とは、Bluetoothなどの近距離無線(〜数十m程度)では満たせないカバレッジの無線アクセスの分類。低消費電力、低ビットレート、広域カバレッジを特徴とする。

LPWAの明確な定義は定まっていないが、「長距離のデータ通信」、「低消費電流」という2つの特徴を満たしている通信ネットワークがLPWAと呼ばれている[1]

特定小電力無線[編集]

SIGFOX[編集]

サブGHz帯(866 MHz帯・915 MHz帯・920 MHz帯)を用いる。broadcastingによるため、コネクションの必要がない技術。フランスの会社が運用している[2]。欧州を中心にサービス展開している。

最大伝送速度は100 bps程度。伝送距離は最大50 km程度。

LoRa[編集]

サブGHz帯を用いる。LoRa Alliance[3]の技術。仏オレンジ、韓国SKTなどの通信事業者が採用している。

最大伝送速度は250 kbps程度。伝送距離は最大10 km程度。アズビル金門株式会社、株式会社グリーンハウス、セムテック・ジャパン合同会社、東京エレクトロンデバイス株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社Braveridge、菱電商事株式会社は2017年4月から実証実験[4]

Wi-Fi HaLow[編集]

サブGHz帯を用いる。IEEE 802.11ahの技術。

最大伝送速度はMCS10の際、150 kbps程度。伝送距離は1 km程度。

Wi-SUN[編集]

サブGHz帯を用いる。IEEE 802.15.4gの技術。

O-QPSK・GFSK変調に加えて、OFDM変調にも対応し、最大伝送速度は800 kbps。

上位プロトコルは日本はECHONET Lite、米国ではSEP 2.0が用いられる。

伝送距離は1 km程度。

Wi-SUN allianceには日本企業が参加し、活動している[5]

RPMA[編集]

2.4 GHz帯を用いる。Ingenu社の独自規格。

最大伝送速度は40 kbps、最大伝送距離は20 km程度。

Flexnet[編集]

280 MHz帯を用いる。Sensus社の独自規格。

最大伝送速度は10 kbps、最大伝送距離は20 km程度。

IM920[編集]

サブGHz帯(920 MHz帯)を用いる。インタープラン社の独自規格。

最大伝送速度は50 kbps(高速モード)。伝送距離は見通しで7 km以上(長距離モード)。

免許が必要な無線[編集]

LTE-M[編集]

LTE-Mは3GPPで標準化されている、IoT向けの狭帯域通信の通信方式。

2016年6月に仕様が確定する予定。Release 13に規定される。

通信速度は1 Mbps程度。帯域幅は1.4 MHz幅。VoLTEによる音声通話もサポートしている。[6]

Cat.NB1[編集]

Cat.NB1 (Category Narrow-Band) は3GPPで標準化されている、IoT向けの狭帯域通信の通信方式。

2016年6月に仕様が確定する予定。Release 13に規定される。

GSMの跡地、LTEのリソースブロック空き部分、およびLTEのガードバンド内を利用することが想定されている。

伝送速度は200 kbps程度。帯域幅は200 kHz幅。

脚注[編集]

参考文献[編集]