KEMURI (プログラミング言語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

KEMURI(ケムリ)は、Brainfuckに類したプログラミング言語の一つ。実用言語ではない。

BrainCrashHQ9+についで世界で3番目に短くHello worldを出力するプログラムを記述できる。

KEMURIはスタックマシンであり、0~255の値が入るスタックがある。

実用性はほとんど無いように思われるが、KEMURI_PLUSではチューリングマシンで実行可能なあらゆるプログラムが記述できる(チューリング完全である)とされている。

KEMURIの言語仕様[編集]

実行可能な命令は「6つ」のみである。

  1. ^ XOR スタックの先頭2つをpopし、xorを計算してpushする。
  2. ~ NOT スタックの先頭をpopし、notを計算してpushする。(必要性が疑問視されている)
  3. " DUP スタックの先頭をpopし、それを2回pushする。スタック先頭の複製(duplicate)である。
  4. ' ROT スタックの先頭3つをpopし、並び替えてpushする。先頭から順にx y zという順に並んでいたのなら、y z xという順番に変わる。
  5. ` スタックに[72, 101, 108, 108, 111, 44, 32, 119, 111, 114, 108, 100, 33]を積む。これは"Hello, world!"に相当する。
  6. | スタックの中身を文字コードだと見なして出力する。スタックの中身すべてを出力するのでスタックは空になる。プログラムの最後で一度だけ使うことが推奨されている。

KEMURI_PLUSの拡張仕様[編集]

  1. l スタックの中身をBrainfuckのコードだと見なして実行する。プログラムの最後で一度だけ使うことが推奨されている。


外部リンク[編集]