JNode

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JNode
開発元 Apacheソフトウェア財団
最新版 0.2.9 / 2013年11月25日(3年前) (2013-11-25
種別 オペレーティングシステム
ライセンス LGPL
公式サイト www.jnode.org
テンプレートを表示

JNodeJava new sperating system design effort)は、Javaプラットフォームオペレーティングシステムを開発するオープンソースプロジェクトである。ブート部分でアセンブリ言語を使っている以外は、全てJavaで書くというユニークな方針を採用している。Javaコンパイラは通常実行時コンパイラだが、このプロジェクトではJavaコードからネイティブのバイナリを生成する。このため、ほとんど全体をJavaで書くことができている。

1995年、Ewout Prangsmaが Java Bootable System (JBS) としてプロジェクトを開始した。しかし、C言語とアセンブリ言語の使用量の多さに失望し、JBS2という新たなプロジェクトを開始した。JNodeは三世代目の試みであり、2003年に開始された。JNode では Java とアセンブリ言語しか使っていない。現在、システムはファイルシステムとして ext2FATNTFSISO 9660 をサポートし、TCP/IPが実装され、GUIが動作し、USB機器を利用可能となっている。JNodeはCD-ROMからブート可能で、各種エミュレータ上でも動作する。JNodeでは、クラスライブラリとしてGNU Classpathを使っており、(完成すれば)あらゆるJavaプログラムを実行できる予定である。

フリーソフトウェアであり、GNU Lesser General Public License (LGPL) でライセンスされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]